カスタマーサービス(顧客対応)

2017年 中途入社

顔が見えないからこそ、お客様の背景を考えて不安を取り除きたい。

―これまでの経歴と入社のきっかけを教えてください

前職では、紳士服業界で販売員の仕事をしていました。お客様からスタイリングを聞かれることもあり、中にはそのまま顧客になってくださる方もいたりして、販売の仕事を通じてファッションが人に与える影響力というのを日々感じていました。
ZOZOを受けたのは、友人の紹介です。実は新卒採用でも受けていたのですが、その時は1次面接で落ちました。でも、販売を経験するうちに、もっと幅広い分野でファッションを通じて人を笑顔にしたいと思うようになりました。ちょうどそんな時に、友人から「求人が出てるよ」と教えてもらい、自分が働く上で軸にしている、ファッションを通じて人を笑顔にしたいという想いと、企業理念「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」がマッチしていたので、改めてZOZOに入りたいと思い応募しました。

―現在はどんな仕事をしていますか?

プライベートブランド「ZOZO」を購入していただいたお客様からのお問い合わせ対応がメインです。できる限りお客様目線を意識して誠心誠意対応し、サービスやサイトの改善点を吸い上げて、関係部署へフィードバックしています。まだまだご指摘いただくことはたくさんありますが、その中でも改善できることに関しては、すべてのお客様の声を巻き取って、改善していく方向で進めていきたいと思っています。

―仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか?

お客様からのお問い合わせに対して、スタッフみんなで知恵を出し合って解決できた時です。
「このお客様にはどういう風に対応したらいいのか」と知恵を絞りだした結果、お客様のご要望にお応えすることができ、大切なご入用に間に合ったなど、後で「ありがとう」とご連絡いただいた時はすべて報われたという気持ちになります。また、名指しでお褒めの言葉をいただけた時も嬉しいです。
ネット通販のお客様対応は、対面に比べるとつながりが希薄に感じられる部分が強いと思います。でも、顔が見えないからこそお客様の背景を考えつつ、不安を取り除いて気持ちよくお買い物をしていただきたいという想いがあるので、対面販売をしている人にも負けない気持ちで対応しています。

―あなたの楽しく働くコツは何ですか?

何事にも自発的に取り組んで行く姿勢と、周りへの感謝です。受け身では楽しいものは獲得できないと思っています。何事にも自発的に取り組んでいく姿勢で仕事をしていれば、業務の中に隠れている自分の好きなことを見つけられると思いますし、自分がやりたいことや改善案があれば、伝えて取り組める環境にあると思うので、そういう姿勢を持って仕事をしていくのは大事だと思います。
あとは、周りの人に感謝することですね。今楽しく働けているのは、同僚や上司、アルバイトスタッフや派遣スタッフのおかげだと思っています。入社した時に、スタッフ一人一人がお客様のことを考え、サービスをよくしていこうという想いをもって仕事していることに感銘を受けました。そんなみんながいるからこそ、自分も頑張ろうと思えるので感謝しています。

受け身では楽しいものは獲得できない、何事も自発的に取り組んでいく姿勢が大事。

―インタビューを読んでいる方へメッセージをお願いします

ZOZOには、仕事を「自事(しごと)」と表現して、仕えることでなくて自分事として仕事をするという意味の言葉があります。自分らしく楽しく働きたいと考えている人やチャレンジ精神をもって取り組みたいという人は、必ず応援される社風だと感じているので、ファッションが好きで個性を尊重したいと思っている人に、ZOZOは自信をもっておススメできる場所です。僕は転職したことで人生が楽しくなっているので、ファッションを通して人を笑顔にしたいと思っている人は、ぜひともに一緒に「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」届けましょう。

 

太田 裕介
紳士服の販売員を経て、2017年にZOZOへ入社。お客様対応だけでなく、スタッフのアパレル知識向上研修を企画し実施するなど、前職の経験を活かし幅広く活躍中。

同じ職種のインタビュー

他の職種のインタビュー