ビジネスモデル

当社グループは、ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するZOZOTOWN事業、ブランドの自社ECサイトの運営支援を行うBtoB事業の2事業をメインに事業展開を行っております。また、ファッション市場全体の活性化に貢献すべくファッションメディアWEARの運営も行っております。今後は、ZOZOTOWN及びWEARの集客力を活用した広告事業の開始、プライベートブランド「ZOZO」の本格始動により、更なる収益基盤の強化を図ってまいります。

1. ZOZOTOWN事業

ZOZOTOWN事業は受託ショップ、買取ショップ、ZOZOUSEDの3つの事業形態で構成されております。

受託ショップは、ZOZOTOWN内にテナント形式で出店する各ブランドの商品を当社の物流拠点で受託在庫として預かり、受託販売を行う事業形態となっております。2019年3月末現在、1,240店(当社プライベートブランドショップを除く)のショップを展開しております。ZOZOTOWNで決済された商品代金のうち、各ショップから当社に対して支払われる受託販売手数料相当額が売上高となります。

買取ショップは、複数のブランドから商品を仕入れ、自社在庫を持ちながらZOZOTOWN内の当社運営ショップで販売する事業形態となっております。2019年3月末現在、5店のショップを展開しております。ZOZOTOWNで決済された商品代金が売上高となります。

ZOZOUSEDは、個人ユーザー等から中古ファッション商材を買取り、自社在庫を持ちながら、ZOZOTOWN内のショップ(当社子会社である株式会社ZOZOUSEDが運営)で販売する事業形態となっております。ZOZOUSEDで決済された商品代金が売上高となります。

また、2018年3月期第4四半期からは従来の買取型の事業に加え、マーケットプレイス型の事業も開始しております。こちらについては、ZOZOUSEDで決済された商品代金のうち、各ショップから当社に対して支払われる受託販売手数料相当額が売上高となります。

2. BtoB事業

BtoB事業は、各ブランドの自社ECサイト運営のための、各種フルフィルメント関連業務を受託する事業形態となります。2019年3月末現在23社の自社ECサイトの支援を行っております。自社ECサイトで決済された商品代金に対して、各ブランドから当社に対して支払われる所定の手数料率相当額が売上高となります。

3. WEAR事業

WEARは、ファッション市場全体の活性化を目的とした日本最大級のファッションコーディネートアプリです。「ユーザーにとって欲しい洋服が見つかるファッションメディア」というコンセプトのもと、コンテンツの拡充やユーザーインターフェイスの改善等に継続して取り組んできた結果、2019年3月末時点のアプリダウンロード数は1,300万ダウンロードを突破しました。

WEARに掲載される投稿コンテンツを起点としたZOZOTOWNへのユーザー送客、メディア媒体としての価値を活かした広告枠の提供により、グループ売上への貢献を行っております。

4. 広告事業

広告事業は、ZOZOTOWN及びWEARのユーザー基盤を活用し、取引先ブランドをはじめとしたクライアント企業に広告枠を提供し、広告収入を得る事業形態となります。クライアント企業から当社に対して支払われる広告出稿代金が売上高となります。

5. プライベートブランド事業

プライベートブランド「ZOZO(ゾゾ)」は、当社に蓄積された体型計測データをもとに算出されたサイズパターンの中から、 ユーザー一人ひとりの体型に合ったサイズのベーシックアイテムを提供・販売する事業形態です。

主な取扱商品は、クルーネックTシャツ、スリムテーパードデニムパンツ、ビジネススーツ(メンズのみ)などのベーシックアイテムとなっており、 Tシャツやデニムパンツなどのカジュアルアイテムは「身長・体重」の情報をもとに推奨サイズを提案する「マルチサイズ」方式にて提供を行っております。 また、ビジネススーツやドレスシャツなどのフォーマルアイテムについては、当社が開発した採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」にて計測したデータに基づき、 一人ひとりの体型に合わせて商品を製作する「カスタムオーダー」方式にて提供しております。 ZOZOTOWN内のプライベートブランドショップ「ZOZO」において販売を行っており、決済された商品代金が、売上高となります。