物流管理(発送)

2017年 社員登用

「やりたいことは今しかできない」と家族に背中を押してもらいました。

―これまでの経歴と入社のきっかけを教えてください

入社する前までは飲食店とリユースショップの販売員のアルバイトをしていました。保育士専門の大学に通い進路に悩んでいた時に、TV番組でZOZOを知り、好きなことを仕事にしたいという想いと年齢関係なく仲の良い雰囲気の会社で働きたいという自分の理想とも合致していたことから、新卒採用にチャレンジしました。新卒採用では縁がなかったのですが、アルバイトからの社員登用があることを知り、家族にも「やりたいことは今しかできないからやりな」と背中を押してもらったこともあって、大阪から上京しました。アルバイトで入社して1年後に、社員登用試験を受けて社員になりました。

―現在はどんな仕事をしていますか?

ZOZOBASE(物流倉庫)にあるお客様から注文が入った商品の発送業務を行うセクションで、現場のアルバイトリーダーの管理やイレギュラーな状況が発生した際のフォローを行っています。
その他にも日々使用する資材の管理や発注、ギフト梱包業務の作業効率化に向けたレイアウト変更、新人スタッフの育成も担当しています。
自分の意見を言うだけでなく、周りの意見も聞いてみんながいいと思える形で仕事に取り組める環境を作りあげていきたいと考えている為、コミュニケーションをとても大事にしています。何かわからなさそうにキョロキョロしているメンバーがいたら声をかけたり、派遣スタッフさんとも積極的にコミュニケーションをとったりして、またZOZOBASEに働きに来たいと思ってもらえるよう、自分から声をかけることを大事にしています。

―仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか?

「久保ちゃんがいるから楽しい」と言ってもらったり、業務を通じて上司に認めてもらえた時にやりがいを感じます。母の日でギフト梱包のセクションが繁忙期になった時に、ギフトの業務経験がないアルバイトスタッフを育成するタスクを任されたことがありました。発送セクション内の複数の担当者と連携が必要な仕事だったので、他の担当から質問されることは何でも答えらえるように状況を把握したり、相手にわかりやすく伝えることを意識して取り組みました。その結果、上司から「しっかり進めてくれてありがとう」と評価してもらい、新しい仕事を任せてもらえるようになった時はすごく嬉しかったです。

―あなたの楽しく働くコツとは何ですか?

失敗を恐れず何でも挑戦することです。私は根がポジティブというのもありますが、失敗した時は反省しつつ、「一度失敗したから、次は絶対失敗しないようにできるな」とプラスにとらえるようにしています。そうすることで学べることが多く、仕事を楽しめるようになるからです。
以前、中途採用にチャレンジをして不採用通知を受け取った時に、自分の視野の狭さを感じました。そこで視野を広げたいと思いZOZOBASE内の他セクションの見学を社員の方にお願いしてみたところ、1日見学に行かせてもらえることになりました。見学では入荷から発送までの流れを改めて体感することができ、自分自身の学びにつながったので、怖がらずに挑戦することはとても大事だと思いました。

みんなで意見を言い合いながら、全員が働きやすい環境を作っていける場所です。

―インタビューを読んでいる方へメッセージをお願いします

もし今、ZOZOの採用ページをみて迷っている方がいれば、後悔しないようにぜひ応募してみてほしいです。私がいる発送セクションは、ベースとなる基本マニュアルはありますが、毎日みんなの意見が飛び交い、どんどん新しいやり方に挑戦していくような環境です。効率よく仕事をするために自分で考え、意見を言えるような方にとってとても面白い環境だと思います。発送セクションをもっと良くしていくためにも、そのような方と一緒に働けたらとても嬉しいです。

久保 愛
大阪出身。大学卒業後、2017年に物流管理アルバイトで入社。1年のアルバイト期間を経て、社員登用で正社員となる。笑顔がはじける部署の愛され元気っ子。

希望職種の募集がない場合は、是非キャリア登録をご利用ください。詳細はこちら

キャリア登録

※全ての方に選考の機会をお約束するものではございません。

他の職種のインタビュー