ブランド営業

2020年 中途入社

ブランド様と共にECの可能性を信じて日々挑戦

―これまでの経歴と入社のきっかけを教えてください

前職では新卒でアパレル会社に入社し、店舗での接客・販売、本社でディストリビューターのアシスタントに従事。従事する中で、店舗とECサイトでは人気のアイテムが異なることに気づき、EC業界に興味を持ち始めました。EC業界を調べていくうちに、ZOZOTOWNの取組みや展望に魅力を感じ、ZOZOの求人を見て挑戦しようと思いました。

―現在はどんな仕事をしていますか?

担当しているブランド様の課題解決、よりブランド様の良さを引き出せるような提案を行っています。シューズカテゴリチームに所属しているので、シューズがより盛り上がるような取り組みも行っています。最近では、スマホで簡単に足の3Dサイズを計測できる「ZOZOMAT」の普及や、靴の専門モール「ZOZOSHOES」内にあるシューズ専門ページの認知・利用者数の向上など、ZOZOTOWNを通じてお客様がよりシューズを買いやすくなるような仕組みづくりに取り組んでいます。

―仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか?

まだ入社して日が浅いので、日々自分で対応できる業務が増えることで自身の成長を感じ、それがやりがいに繋がっています。また、自ら分析し周到に準備した提案に対して、ブランド様にご納得いただき、実際に形になり売上に反映できた時にやりがいを感じます。

―仕事をしていて大変だと感じるのはどんな時ですか?

提案する際に必要な数値を分析するのが大変だと感じています。前職の時は肌感覚でやっていたことが多いのですが、営業では数値で明確な提案をしなければなりません。ZOZOは取り扱う数値も多いので、データを分析し、ブランド様にとってより最適な提案を考えて準備するのに一番時間がかかります。その中でもトレンドは肌感覚でしか分からないこともファッション業界には多いので、数値ばかりに捉われず、感覚は鈍らせないようにしています。大変だと感じた時は、自分で分析した内容が間違っていないかデータを見て確認し、分からないことについて先輩や仲間に聞くなど周りに頼りながら、ひとつひとつ業務に向き合っております。

―あなたの楽しく働くコツは何ですか?

業務の整理をするために、毎日TODOリストを作り、自分が取り組む業務を明確にすることです。リストを通じて業務の整理だけではなく、自分が何ができるようになったのかも同時に分かるため、達成感や成長に繋がります。小さなことでも任せてもらえることが増えると、楽しく働くことに繋がると感じています。

日々気にかけてくれる先輩や仲間がいるからこそ、難しい業務にも前向きに取り組める。

―インタビューを読んでいる方へメッセージをお願いします

ZOZOはやりたいといった熱意に対して応えてくれる会社であり、そういった環境があるからこそ、日々楽しく働けていることが自分の糧になっています。また、先輩や仲間もいい人ばかりです。私は、入社当初からリモートで業務を行っていますが、そうした環境でも問題なく業務ができるのは、周りのサポートのおかげだと感じています。ぜひ一緒に、ファッションの可能性を切り拓いていきましょう!

須崎 優香
アパレル会社での販売接客、ディストリビューターを経て、2020年にZOZOに入社。前職で培ったアパレルの知識、トレンド察知力を活かしブランド営業に従事。ブランド様の良いところを最大限に引き出す提案ができるようデータ分析を勉強中。

同じ職種のインタビュー

他の職種のインタビュー