物流管理(入出庫)

2018年 社員登用

「自分もこうなりたい」と思える社員に出会えました。

―これまでの経歴と入社のきっかけを教えてください

通信制の高校に在学していた時、10社程アルバイトを経験したのですが、最終的にたどり着いたのがZOZOの物流管理のアルバイトでした。最初はZOZOTOWNも全く知らなかったのですが、実際に働く中で、一緒に働く社員さんが楽しく働いているのを見て「いい会社だな、自分もああなりたいな」って思ったので、自然と社員を目指すようになりました。

―理想の社員像はありますか?

「この人のために頑張りたいと思ってもらえる人」です。自分もアルバイトだった時にこの人がいるから頑張ろうと思うことが実際ありました。モチベーションは人それぞれなので、まずは「人」として周囲から魅力的だと思ってもらえることが、組織をうまくまとめていくために自分で努力できる一番の近道だと思っています。個人的には自分がいい印象を持っていない人から指示を出されても「頑張りたい」とはあまり思えないので、この人のためになら頑張れると思ってもらえる人物になりたいです。

―現在はどんな仕事をしていますか?

ピッキングと棚入れの進捗管理やアルバイト窓口の担当です。アルバイトスタッフの面談やマネジメント、ZOZOBASE(物流倉庫)での商品管理をしています。アルバイトスタッフや派遣スタッフはZOZOTOWNの物流を支える必要不可欠な存在なので、密なコミュニケーションをとっていきたいと思っています。特にアルバイトスタッフとは接する機会が多いので、当たり前ですが、忙しい時に声をかけられたとしても、常に誠実に対応することを心掛けています。

―あなたの楽しく働くコツは何ですか?

自分次第と腹をくくることです。そう思うことで割と全部楽しくなるのかなと思っていて、「自分次第」という言葉に尽きるのかなと思います。振られる仕事よりも自分で取りにいく仕事の方が100%楽しいと思いますし、自分次第で変えられるという意識が少しでもあれば、他人任せで解決するよりも、自分で考えて行動できると思います。
今自分が主体となり商品のピッキングの導線を改修している真っ最中なのですが、データ分析で倉庫運営に関するこれまで知らなかった数字に触れたり、他部署と関わる機会も増え知見が広がりました。自分から行動を起こさなかったら、得られる経験ではなかったと思うので、自主的に行動して良かったと感じています。

アルバイトスタッフも派遣スタッフも必要不可欠な存在。最大限歩み寄っていきたいです。

―インタビューを読んでいる方へメッセージをお願いします

今モヤモヤしている方や、やりたいことが見つからない方でも自分次第で変えられるので一番は「自分次第ですよ」ということを伝えたいです。
あとは、個々の力ももちろん大事ですが、周りと協力して働く機会も多いので、そのような環境が好きな方であれば楽しく働ける会社だと思います。

濱中 尚哉
千葉出身。2016年に商品管理アルバイトで入社。2018年に当時最年少で正社員となる。現在はつくばBASEに勤務し、「みんなが誇れる倉庫」を目指して奮闘中。

希望職種の募集がない場合は、是非キャリア登録をご利用ください。詳細はこちら

キャリア登録

※全ての方に選考の機会をお約束するものではございません。

他の職種のインタビュー