2022年02月02日

「2030カーボンニュートラル宣言」を発表

 

当社は、2022年2月に事業活動での温室効果ガス排出量を2030年度までに実質ゼロにする「2030カーボンニュートラル宣言」(※1)を発表しました。また、当社の親会社であるZホールディングス株式会社(以下、ZHD)も「2030カーボンニュートラル宣言」を発表しており、ZHDグループ全体で、カーボンニュートラルの実現を目指します。

 

当社では、2022年1月1日から物流拠点「ZOZOBASE習志野1」と「ZOZOBASEつくば1」において再生可能エネルギーを100%導入し、当社拠点の6割以上が再生可能エネルギーとなりました(※2)。また、2023年8月稼働予定の「ZOZOBASEつくば3」も再生可能エネルギーを100%導入する予定です(※3)

 

「2030カーボンニュートラル宣言」の目標として掲げている、2030年度までの達成に向けて、まずは2025年度頃までに、当社が利用する電力の80%以上を再生可能エネルギー化し、その後の5年間で残りの使用電力の100%再生可能エネルギー化を進める予定です。

 

今後も、当社は地球の課題解決に革新的な方法で取り組み、環境や社会に配慮した新しいファッションの世界の実現を目指します。

 

(※1)GHGプロトコルのスコープ1およびスコープ2の温室効果ガス排出量を実質ゼロにします。
    スコープ1:事業者自らによる温室効果ガスの直接排出(燃料の燃焼、工業プロセス)
    スコープ2 : 他社から供給された電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出

(※2)物流拠点「ZOZOBASE」に再生可能エネルギー由来の電力を100%導入(https://corp.zozo.com/news/20220120-17550/

(※3)ZOZO、2023年8月稼働開始予定の新たな物流拠点「ZOZOBASEつくば3」で自動化を推進(https://corp.zozo.com/news/20220128-17647/

 

発表日

2022年2月2日(水)

 

関連リンク

2030年度までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする、「2030カーボンニュートラル宣言」を発表