新型コロナウイルスワクチン接種時の勤怠について就業時間内の接種を許可、痛みや体調不良が発生した場合は特別休暇を付与

~ スタッフが安心して働くことのできる環境を整備 ~

 

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZO(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長兼CEO:澤田 宏太郎)は、新型コロナウイルスワクチン接種時の勤怠に関する対応方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。ZOZOグループでは、正社員・契約社員・アルバイトを対象に、新型コロナウイルスのワクチンを勤務日に接種する場合は就業時間内扱いとし、接種後に痛みや体調不良が発生して就業が困難な場合は特別休暇を付与します。

 

当社はスタッフを欠かすことのできない将来の成長基盤であると考え、サステナビリティステートメントの4つの重点取り組みの一つとして、「ファッションに関わるすべての人のダイバーシティ&インクルージョン推進」を掲げています。新型コロナウイルスワクチン接種を希望するスタッフが、接種が集中する休日を避け、円滑に接種を受けられる環境を整備することで、安心して自事(※1)ができる環境づくり(※2)を目指します。

 

(※1) 当社では「仕事」を「自事」と表記します。
(※2) 個々のライフスタイルに合わせた多様な働き方を応援するような仕組みづくりは下記からご確認いただけます。
  (https://corp.zozo.com/esg/staff/

 

 

新型コロナウイルスワクチン接種時の勤怠について

 

内容

・ワクチン接種(当日)
新型コロナウイルスワクチンを接種する場合は就業時間内扱いとする。
※2回接種分まで対象。
※シフト制を考慮しZOZOの契約社員、アルバイトに限り接種日も特別休暇を1回の接種に付き1日付与

・副反応(当日・翌日までが対象)
接種後、痛みや体調不良が発生して就業が困難な場合は特別休暇を認める。
※1回の接種につき1日まで

 

対象者

ZOZO、ZOZOテクノロジーズに所属する正社員・契約社員・アルバイト
※新型コロナウイルスワクチン接種は任意

 

対象期間

2021年6月1日~2022年2月末 ※政府が定める接種期限に準ずる

 

ZOZOグループは、今後もお客様、お取引先様や従業員の安全確保を最優先に考え、関係する各機関と連携して感染・重症化予防・クラスター発生予防に努めます。

 

 

下記添付資料もあわせてご確認ください。

Release_vaccination_20210527

 

報道関係者のみなさまへ

本件に関しては、こちらまでお問合せください。