ファッションコーディネートアプリ「WEAR」を徹底調査 2020年春夏の最旬トレンドカラーは“ピスタチオ”

〜 72万件におよぶユーザー投稿データから読み解く、人気急上昇カラーとは ~

 

ZOZOグループが運営するファッションコーディネートアプリ「WEAR(ウェア)」は、ZOZO研究所 福岡の画像解析技術を活用し、「WEAR」の72万件におよぶユーザー投稿データから2020年春夏の着用カラー分析を実施しましたので、お知らせします。

 

本調査は、2020年2月1日~4月21日の期間において、登録性別が「女性」であるユーザー累計7,003名が投稿した計721,093件を対象に実施いたしました。

 

今回調査研究を担ったZOZO研究所は「ファッションを数値化する」をミッションに掲げる研究機関です。ZOZOグループが保有するファッションに関する膨大な情報資産を基に、ファッションを科学的に解明するための研究開発を行っています。

 

 

2020年春服はグリーンの着用率が急上昇

 

「WEAR」に投稿されたコーディネート画像に使用しているアイテムを14個のカラーグループに分けて集計した結果、グリーンのアイテム投稿数が前年比率206%と大きく伸長していました。

 

また、各カラーグループのユーザーの着用率を集計した結果、グリーンのカラーグループは前年比率他カラーグループと比べて高い増加率となりました。

グリーンのカラーグループを「青みが強いグリーン」「黄みがかったグリーン」など色傾向に合わせてさらに細分化し、15個のグループ※1に再構成した状態での着用率を分析すると、同じグリーンのなかでも着用率が高まったグリーンと、反対に着用率が下がったグリーンがあることがわかりました。

※1…弊社独自の振り分け方法でグルーピング

 

 

着用率が高まったのは「淡い黄みがかったグリーン」

 

15個のグループのなかでも人気を集めたのは「明るく淡いグリーン」や、「黄みがかったグリーン」でした。2020年のトレンドカラーと言われている「ピスタチオグリーン」や「ミントグリーン」が該当します。

 

 

着用率が下がったのは「深みのある濃いグリーン」

 

一方で2020年に入ってから着用率が下がったグループは、「黄みがかった暗いグリーン」や「くすみのある深いグリーン」でした。これには「オリーブ」や「モスグリーン」が該当します。

 

 

「合わせやすいカラー」から「コーデの主役カラー」へとグリーンの着用方法が変化

 

グリーン全体のボトムスの着用割合は、ピスタチオカラーに絞ったボトムスの着用割合と比較して約1.7倍と高い比率になりました。反対にトップスの着用割合はピスタチオカラーの着用率がグリーン全体と比較して約1.6倍高く、ピスタチオカラーをトップスとして着用し、コーディネートの主役にしているユーザーが多いことがわかります。

 

さらに直近4年間のグリーン全体のアイテム別での投稿割合を比較すると、トップスのグリーン着用率が2020年に入って大幅に伸長していることがわかりました。「ピスタチオグリーン」や「ミントグリーン」といったトレンドカラーが人気を牽引し、様々な色と相性がよく「合わせやすい」グリーンではなく、トップス1枚で目を引く「コーデの主役」となるグリーンに着用方法が変化している結果となりました。

 

今後も「WEAR」では、皆様のファッションライフに寄り添うトレンド情報を、随時発信してまいります。

 

メディアの皆様

「WEAR」で調査してほしいテーマを募集しております。「今期のトレンドが知りたい!」「20代に人気のあるスニーカーは何?」などお気軽に広報までお問い合わせください。なお、すべての調査にお応えできるわけではございませんので予めご了承ください。

 

本調査に関して

 

対象期間 
2020年2月1日~4月21日

対象性別
女性

対象ユーザー
ショップスタッフ、WEARISTAなど累計7,003名

対象コーディネート件数
721,093件

 

下記添付資料もあわせてご確認ください。

Release_WEAR_Research0610

 

報道関係者のみなさまへ

本件に関しては、こちらまでお問合せください。