2022年06月27日

千葉市立椿森中学校にて「ワーキングプログラム」を実施

当社は、企業理念「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」の実現のため、千葉県内の学校への出前授業や、キャリア教育支援などをおこなっています。この度、コロナ禍によって職場体験に参加できなかった千葉市立椿森中学校の2年生122名を対象に、働くことについて学ぶ「ワーキングプログラム」を実施しました。

本プログラムは、消費者に提供しているサービスがどのように企画・開発されどのようなプロセスを経て消費者に届くのかを全3回にわたり学ぶ内容になっており、当社のブランド営業/サポートや人自(※1)・カスタマーサポート・物流(フルフィルメント)・デザインといった複数部門の社員が、各部門の自事(※2)の説明や「楽しく働く」というZOZOのワークスタイルについて解説しました。また、部門ごとに設定した課題に対し、生徒の皆さんが考えた企画をプレゼンテーションしていただきました。

tsubakimori_demae_2 (1).jpg

各部門からの課題

ブランド営業・サポート部門
身の回りにあるものを魅力的に見せる商品ページの作成

人自部門          
どの部署でも、スタッフが楽しく働けるような制度の企画

カスタマーサポート部門
自分が今までに体験して感動したサービスの研究

物流部門(フルフィルメント)
倉庫の魅力を伝えられる1DAYイベントの企画

デザイン部門
もらった人がワクワクするようなZOZO箱のデザイン

参加した生徒さん達からは「どのような仕事でも、自分が楽しまないとお客様にもサービスの良さが伝わらないと思った」「会社では楽しく働けるということを知れてとても良い経験になり、自分もそんな会社に入りたいと思った」といった感想をいただきました。

今後も、キャリア教育支援をはじめとした様々な取り組みを通じて、これからの未来を担う若者を応援していきます。

(※1)当社では、人のことを人事(ひとごと)ではなく自分の事のように考えられる会社にしたいという想いから「人自(じんじ)部」と表記します。
(※2)当社では、仕事のことを「仕事(仕えること)」ではなく「自事(自然なこと)」であるという意味を込めて、「自事」と表記します。

実施日
2021年6月15日(火)、2021年11月26日(金)、2022年3月17日(木)