ZOZO、産学官連携の「ちばアントレプレナーシップ教育 コンソーシアム Seedlings of Chiba」に参加

~ 個性を尊重しながら“楽しく働く”ZOZOが、アントレプレナーシップ教育を通して次世代を担う子どもたちの育成を目指す ~

 

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZO(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長兼CEO:澤田 宏太郎)は、次世代の産業を担う子どものアントレプレナーシップ(起業家精神)を育む機会を創出することを目的に12月20日に設立された、産学官連携の「ちばアントレプレナーシップ教育コンソーシアム Seedlings of Chiba(以下、Seedlings)」に参加することをお知らせいたします。また本日、Seedlingsの設立セレモニーが、当社の本社屋にて開催されました(※1)

 

Seedlingsは、「子どもの『稼ぐ力』が育つまち・千葉の実現」という組織理念のもと、次世代の産業を担う子どもたちの「アントレプレナーシップ(起業家精神)」を育む機会を創出するために設立された産学官連携のコンソーシアムです。当社を含む13の団体が参加し、小・中・高校生向けの教育活動や普及啓発などをコンソーシアムが一体的に展開し、アントレプレナーシップ教育への取り組みを地域全体で推進することで、社会の変化に柔軟に対応し自分の力で仕事を創り出すことができる人材の育成を目指します。

 

当社は、Seedlings設立のきっかけである「西千葉子ども起業塾」が取り組んできた実践的な起業体験活動や、本コンソーシアムの、地域全体としてアントレプレナーシップ教育に取り組む文化や土壌を作り、将来の産業人材の育成を推進するという設立趣旨に強く共感いたしました。また、企画・運営に携わる学生ボランティアのSeedlingsに対する熱い想いにも感銘を受け、参加することを決定しました。

 

Seedlingsでの活動を通じて、当社がこれまで大切にしてきた、一人ひとりの個性を尊重しながら楽しく働くことの重要性についても、次世代を担う子どもたちへ伝えてまいります。

 

本日開催された設立セレモニーでは、Seedlingsの会長をつとめる神谷 俊一 千葉市長が、Seedlings設立に込めた想いと目指す組織の姿を開会挨拶として述べられました。当社からは、フレンドシップマネージメント部ディレクターの梅澤 孝之が登壇し、ZOZOが目指す姿についてコメントしました。

 

今後、学生ボランティア等とともに一体となってSeedlingsを推進することで、サステナビリティの重点取り組み(※2)として当社が掲げる「持続可能な地域づくり」の実現を目指してまいります。

 

当社のSeedlingsへの参加にあたり、同会長の神谷 俊一 千葉市長よりコメントをいただいております。

 

<Seedlings 会長 神谷 俊一 千葉市長 コメント>

この度は、コンソーシアムへの参画及びセレモニー会場の提供、誠にありがとうございます。

貴社におかれましては、ZOZO社らしい「ソウゾウのナナメウエ」をいくビジネスにおいてファッション業界を牽引しているのみならず、本市との包括連携協定の締結など、多岐にわたり地域活性化に貢献をいただいており、「ZOZOの広場」の開放や、地域の生花店と連携して社屋内を花々で彩るなど、地域との繋がりを大切にされていることを感じております。

教育分野についても、学校への出前授業など、既に多くのご協力をいただいておりますが、コンソーシアムの活動においても、貴社の特徴であるEC市場におけるビジネスの知見や、新しい価値観を世の中に生み続ける姿勢など、多くの資源を子どもたちに提供いただくことを期待しております。

引き続き、良きパートナーとして連携をお願いいたします。

 

(※1)ZOZO本社屋については、2021年3月9日の当社リリース「ZOZOの新拠点、西千葉のZOZO本社屋が完成!コロナ終息後は、週2出社・週3リモートの『新しい働き方』へ」をご参照ください。

(※2)当社のサステナビリティへの取り組みについては、コーポレートサイトのサステナビリティページをご参照ください。

 

「ちばアントレプレナーシップ教育コンソーシアム Seedlings of Chiba」概要

団体名

ちばアントレプレナーシップ教育コンソーシアム Seedlings of Chiba
(通称:Seedlings、シードリングス)

 

設立日

2021年12月20日(月)

 

設立趣旨

人口構成の変化や技術革新など、社会環境が激しく変化する現代においては、社会の動きに柔軟に対応し、自らの力で仕事を創り出すことができる人材を育成することが、将来的な地域の産業発展においても重要となる。そのため、小・中・高校生向けの教育活動や普及啓発などを、産学官のコンソーシアムで一体的に展開し、地域全体としてアントレプレナーシップ教育に取り組む文化や土壌を作り、将来の産業人材の育成を推進していく。

 

組織理念

子どもの「稼ぐ力」が育つまち・千葉の実現

 

育てたい人材像

社会の変化に柔軟に対応し、自分の力で仕事を創り出すことができる人材

 

事業内容

1.アントレプレナーシップ教育事業(対象:小・中・高校生)
2.普及啓発事業(対象:大学生、保護者、企業等)
3.会員交流事業(対象:コンソーシアム会員)

 

公式サイト

https://seedlings.jp/
※本コンソーシアムの詳細は公式サイトをご参照ください。

 

構成団体

企業等
公益財団法人イオン環境財団、株式会社オフィスサンマルサン、グローバルスカイ・エデュケーション株式会社、JFEスチール株式会社(東日本製鉄所千葉地区)、株式会社ZOZO、株式会社拓匠開発、株式会社千葉銀行、株式会社ビジネス・ブレークスルー、株式会社プロシードジャパン

大学
敬愛大学、千葉経済大学、千葉大学

自治体
千葉市
※12月20日、設立時点。

 

「ちばアントレプレナーシップ教育コンソーシアム Seedlings of Chiba」設立セレモニー

 

Seedlingsの設立セレモニーが、12月20日(月)に当社の本社屋で実施され、会員である13の団体の代表者が登壇しました。セレモニーは、会長である神谷 俊一 千葉市長の開会挨拶からはじまり、事務局よりメディア向けに概要の説明を行った後、団体の代表者もそれぞれ挨拶を行いました。

 

Seedlings 会長 神谷 俊一 千葉市長

 

株式会社ZOZO CI室フレンドシップマネージメント部 ディレクター 梅澤 孝之

 

 

設立セレモニーでの挨拶(要旨)

Seedlings 会長 神谷 俊一 千葉市長
本日、設立総会にて規約が承認され、「ちばアントレプレナーシップ教育コンソーシアム Seedlings of Chiba」が設立されました。昨今のコロナウィルス感染症など社会の動きも含め、現在の社会は未来に何が起きるか予測が困難な時代になっております。千葉市では、かねてより、西千葉子ども起業塾など「子どものアントレプレナーシップ教育」を推進しており、こうした予測困難な時代においても、自ら仕事をつくり出し、生き抜いていくことができる子どもたちを育てたいと考えてまいりました。これまでの経験から、この度、そのような想いにご賛同いただいた、人材育成に対する意欲の高い企業・団体、大学等の皆さまと、当コンソーシアムを設立する運びとなりました。
今後、これまでの取り組みをさらに発展させ、また、新しい取り組みにも果敢に挑戦を続けながら、千葉がアントレプレナーシップ教育のトップランナーとして次世代の人材育成を牽引できるよう貢献する組織を目指してまいります。

 

株式会社ZOZO CI室フレンドシップマネージメント部 ディレクター 梅澤 孝之
当社は企業理念である「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」のもと、それぞれの個性を尊重し、楽しく働くという文化を大切にしております。本日セレモニーを開催しているZOZO本社屋は、私たちの楽しく働く姿をぜひ西千葉の方々にも見ていただきたいという想いから、道路側がガラス張りのデザインとなっています。本コンソーシアムを通じて、次世代を担う子どもたちへ、これまで当社がた大切にしてきた想いや価値観についても伝えていきたいと考えています。
当社が20年以上お世話になっている千葉市の未来にこれからも貢献することを目指してまいります。

 

以下の添付資料もあわせてご確認ください。

Release_entrepreneur_20211220_

 

Seedlingsに関するお問い合わせ

ちばアントレプレナーシップ教育コンソーシアム Seedlings of Chiba事務局

E-mail:info@seedlings.jp

 

報道関係者のみなさまへ

本件に関しては、こちらまでお問合せください。