株式会社ZOZO、ZOZOSUITで得た体型データを活用して出店ブランドが企画する商品を多サイズ展開し、ZOZOTOWN上で販売する「MSP事業」を今秋より開始予定

~ プライベートブランド「ZOZO」で培ったマルチサイズ展開のノウハウを活かして、ブランドと共に商品の企画・販売を行い、ユーザーニーズの多様化に応える ~

 

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZO(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:前澤 友作)は、ZOZOSUITで得た体型データを活用して出店ブランドが企画する商品を多サイズ展開し、ZOZOTOWN上で販売する「MSP(マルチサイズプラットフォーム)事業」を今秋より開始する予定です。

 

「ZOZOMSP」は、ZOZOSUITで得た100万件以上の体型データを活用して、ユーザーの身長・体重に応じた最適なサイズを展開するプラットフォームを出店ブランドに提供し、出店ブランドが企画する商品の販売を行うことで、ユーザーニーズの多様化に応えるサービスです。これにより、ZOZOTOWNは、従来の販売を中心としたECプラットフォームから、さらに上流の商品企画なども含めて、出店ブランドの事業展開を支援する新しいプラットフォームへと進化してまいります。

 

当社のマルチサイズ展開のノウハウ・販売力と出店ブランドの企画力を融合させることで、ユーザーの求めるアイテムを、最適なサイズ・数量・価格で販売するという、ZOZOグループだからこそ実現出来る、新しいファッション流通のカタチを目指してまいります。現在、ZOZOTOWNにご出店いただいている、株式会社アーバンリサーチ、株式会社ストライプインターナショナル、株式会社デイトナ・インターナショナル、株式会社パル、株式会社ビームス、株式会社ベイクルーズ、MARK STYLER株式会社、リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社などの企業の参加が決定しております。

 

「インターネットで服は売れない」と言われていた時代に、当社の想いにご賛同いただいたブランド様と共にZOZOTOWNを創った2004年の頃のように、今度は共に「モノづくり」に取り組み、EC業界だけでなく、ファッション業界全体がより盛り上がることを目指してまいります。

 

 

「MSP事業」について

 

サービス名

MSP(マルチサイズプラットフォーム)事業

 

開始日

今秋より開始予定

 

参加企業

株式会社アーバンリサーチ、株式会社ストライプインターナショナル、株式会社デイトナ・インターナショナル、株式会社パル、株式会社ビームス、株式会社ベイクルーズ、MARK STYLER株式会社、リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社など

 

 

下記添付資料もあわせてご確認ください。

Release_MSP_20190425

 

報道関係者のみなさまへ

本件に関しては、こちらまでお問い合わせください。