ヤマト運輸ZOZO支店と共にオリジナルデザインのジャケットを制作

 

当社は、サステナビリティの推進に向けて掲げた「4つの重点取り組み」の1つとして、「ファッションに関わるすべての人のダイバーシティ&インクルージョン」を推進しており、バリューチェーンにおけるパートナーと協働した取り組みを行っています。この取り組みや当社の社内コミュニケーションに興味を持ってくださったヤマト運輸様からお話をいただき、2021年3月、当社の物流拠点ZOZOBASEで商品を発送するヤマト運輸ZOZO支店の皆さまと共に、オリジナルジャケットを制作しました。

 

本企画は、ヤマト運輸様からの、「ZOZOへの理解を深めるとともに、ZOZO支店のスタッフの士気を高めたい」というお話がきっかけで、当社から「ZOZOBASEのスタッフとヤマト運輸ZOZO支店のスタッフが同じものを身に着けることで一体感が生まれるのではないか」と提案し実現しました。ジャケットのデザインは当社が担当しました。

 

当社スタッフが着用しているジャケットには、ZOZOBASEが掲げるミッション「スマイルデリバリー(お客様に笑顔を届ける)」を取り入れ、英字表記「Smile Delivery ZOZOBASE」の「S」「D」「Z」「B」の文字のいずれかを背面に大きくデザインしています。

 

ヤマト運輸ZOZO支店の皆様へ配布したジャケットのデザインには、当社のジャケットデザインをベースに「お客様に笑顔を直接届けるアンカーである」というメッセージを込め、ヤマトグループのコーポレートカラーである黄色を使用したタスキのイラストを施しました。ヤマト運輸ZOZO支店の皆さんからは、感謝とともに「同じデザインのジャケットを着用して、今後もZOZO支店スタッフ一丸となって発送業務に取り組みます。」、「私たちのサービスも、ZOZO様がお客様へご提供されているサービスの一環だという意識を持って、今後もより良いサービスを提供していきます。」などのお言葉をいただきました。

 

今後もヤマト運輸様と連携し、お客様に満足いただける、より便利なサービスの提供に努めてまいります。