千葉市の小学校にて、当社スタッフによる出前授業を実施

 

■実施時期

2020年10月8日(木)、10月16日(金)、12月9日(水)

 

■概要
千葉市教育委員会が主催する「出前授業」の講師として、当社スタッフが千葉市内の小学校で授業を行いました。授業では、主に小学6年生に向けて、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」という企業理念や、弊社に根付いている「楽しく働く」という考え方、企業ロゴに込められた「Be unique. Be equal.」のコンセプトなど、当社が大切にしている想いや会社の仕組みについてご紹介しました。

 

■想い
以前から、当社の「企業理念」や「大切にしている想い」をこれからの未来を担う子どもたちへ伝えていきたいと考えていたところ、教育委員会で実施する「出前授業」に参加させていただけることになりました。授業では、生徒の皆さんに将来働くことを楽しみに感じてもらえるように、スタッフ数名のパネルディスカッションを交えた会社紹介を行いました。「働くことは楽しいのか」「小さい頃の夢は何だったか」「学校生活から今の仕事に活きたことは、どんなことがあるか」「なぜZOZOに入社したか」などを弊社スタッフからお話しするとともに、「働くことは楽しいのか」というテーマについては、生徒の皆さんからも積極的に意見を発表していただきました。さらに、千葉市内の中学校からは直接ご依頼をいただき、生徒がZOZOTOWNの新規顧客獲得の施策をグループワークを通じて考え発表するという、出前授業の特別編も実施しました。今回の取り組みを通じて、講師を務めた私たち自身も多くの刺激と気付きを得ることができ、非常に有意義な時間になったと感じています。

 

■小学校の生徒の皆さんからいただいたコメント(一部紹介)
「今の自分に活かせる話をしてくれたのがよかった。」
「夢に向かって頑張っていても叶わなかったけれど、その夢がいつか活かせるということがとても印象に残っています。私もZOZOさんに入りたいなと思いました!」
「小さな会社でも”楽しく働く”ことができれば、大きくなっていくことがわかった。とても楽しかったです。」
「みんな小さい頃の夢とは違う仕事をしているけれど、みんな楽しく仕事をしているところが印象に残りました。」
「パネルディスカッションで会社内の様子やZOZOのロゴの意味がわかったので、とても良かったです。大人になったら”楽しく働く”ようにして働くことを楽しみたいです。」