環境への取り組み

当社ビジネスはファッションアイテムの受託販売を行う通販サイト「ZOZOTOWN」事業が90%以上を占めるため、一般的なメーカーと比較すると環境負荷が低いのが特徴です。環境負荷は主に物流拠点/オフィスワークの電力使用および商品流通で発生し、これらの省エネルギー化に注力しています。

物流拠点内照明LED化
による電力消費量の削減

地球環境を守る「省エネプロジェクト」の一環として、2015年11月より、フルフィルメント業務全般を担う物流拠点「ZOZOBASE(ゾゾベース)」(千葉県習志野市)の照明を、蛍光灯からステラージアLED社が提供する「直管型LED照明XW」に全て変更しております。従来照明器具によって消費されていた月当たりの平均電力消費量は18万kwでしたが、これにより7万kwまで低減いたしました。削減した11万kwの使用電力を、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の排出量に換算すると、1年あたり692トンに相当する削減効果となります。
以後、すべての施設でLED照明を取り入れ、消費電力の低減や、蛍光灯に使用される水銀による人体・環境への影響に配慮しています。

ZOZOUSEDにおける取り
組み(※2020年6月末時点)

洋服の下取りサービス「買い替え割」では、2016年11月のサービス開始時より、不要になった洋服を簡単に詰めて発送できるオリジナルの買取キット「リユースバッグ」を使用しています。リユースバッグはダンボール・ガムテープ等の梱包資材要らずで発送準備ができる不織布製ファスナー付きバッグで、クリーニングすることで再利用が可能です。お客様の利便性向上はもちろんですが、現在リユースバッグの約94%を再利用できており資源利用効率を高めることで資源消費を抑えられています。
また、2014年10月よりZOZOUSEDで商品化できないアイテムの引き取りを開始しました。引き取った商品は焼却や廃棄をせず、リサイクル業者への引き渡しを行っています。この取り組みにより、年間約430万点のリサイクル促進につながっており、焼却・棄却処分した場合の二酸化炭素排出量に換算すると年間約9,232トンの削減効果となります。汚れなどにより商品化が難しいアイテムに関しても、クリーニングやメンテナンスを行うことで最大限再生化に努めています。