\ 今年のファッショントレンド総まとめ /WEARのトレンドランキング2021

~ 「みんなが気になった!検索急上昇ワード」「人気トレンドアイテム」「みんなが欲しがったブランド」など7つの項目で発表 ~

 

株式会社ZOZO(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長兼CEO:澤田 宏太郎)が運営するファッションコーディネートアプリ「WEAR」は2013年にサービスを開始してから、今年で9年目を迎えました。現在アプリダウンロード数1,500万を突破し、1,100万件を超える多種多彩なコーディネートが集まるファッションSNSとして多くの方にお使いいただいています。

 

今年、新型コロナウイルス感染症の影響が続く中でも、ファッションの新しいトレンドは次々と生み出されました。ファッション好きのユーザーが集まるWEARでも、トレンドアイテムを使ったコーディネートを検索したり、実際に着こなしを投稿したりと、たくさんのユーザーがファッションを楽しむ姿が見られました。

 

本リリースでは、今年WEAR内でどのようなファッションが注目を集め、トレンドとなったのか、7つの項目に分け、ランキング形式で発表します。

 

※調査期間:2021年1月1日~11月30日
※各ランキングのテキストデータは末尾の「補足資料」をご覧ください

 

 

2021年 みんなが気になった!検索急上昇ワード TOP10

今年のNo.1検索キーワードは「#カーディガン」、総検索数は前年比で約7.9倍!

 

今年検索数が急増した、人気急上昇ワードのTOP10をご紹介します。1位は「#カーディガン」(前年比約7.9倍)。季節の変わり目や寒暖時の体温調整にも使い勝手の良いカーディガンは、その機能性だけでなくコーディネートにおいてもプラスワンでおしゃれ度がアップするアイテムとして人気でした。5位にランクインした「#たすき掛け」(前年比約3.5倍)においても、カーディガンの袖をたすきのように肩から脇にかけて斜めに結ぶ着こなしがWEAR上で多く見られました。

 

2位には「#パールネックレス」(前年比約6.5倍)がランクイン。昨年、延期や中止が相次いだ結婚式需要が今年になり復活したことに加え、トレンドアイテムとして小粒のパールネックレスを着用する女性ユーザーが多く見られました。また、今年の特徴として男性ユーザーの着こなしでも、ダークトーンやモノトーンスタイルに上品なパールネックをプラスするコーディネートが人気でした。その他、「#マーメイドスカート」(前年比約3.3倍)や「#ティアードワンピース」(前年比約2.3倍)、「#バルーンパンツ」(前年比約2.2倍)などのシルエットに特徴のあるデザインのボトムスや、ミニスカート人気とともに「#ロングブーツ」(前年比約2倍)の人気が復活しています。

※検索数の前年比が高い順に記載
※対象期間:2020年1月1日~11月30日および2021年1月1日~11月30日

 

 

あの時これを探してた!月別No.1検索ワード

毎月の検索を振り返れば、一年のトレンドがみえてくる。
冬は「#スウェパカ」、1年を通しては「#マーメイドスカート」が複数月にランクイン!

 

今年1月には、昨年人気急上昇ワード2位にランクインした「#パイピングコート」が引き続き人気を集めました。2月、3月はスウェットとパーカーを重ね着する「#スウェパカ」の着こなし検索が月別でNo.1を獲得。前年比約163倍の検索数を記録し、まさに今年らしい着こなしのキーワードとなりました。また、検索急上昇ワードTOP10でもランクインしたキーワードとして、1年を通して人気が衰えなかった「#マーメイドスカート」(4月、8月、11月)をはじめ、「#パールネックレス」(5月)「グルカサンダル」(6月)「#ロングブーツ」(9月)がそれぞれ月別検索においてもランクインしました。

※各月の検索数が多い順に記載
※対象期間:2020年1月1日~11月30日および2021年1月1日~11月30日

 

 

番外編:人気WEARISTAのD2Cブランド5選
人気インフルエンサー発のブランドに注目が集まった2021年!

WEARISTAの人気ブランド5選

 

ファッション好きのユーザーから高い支持を得ており、WEAR公認ファッショニスタとして活躍する「WEARISTA(ウェアリスタ)」が立ち上げたD2Cブランドからも目が離せない一年となりました。げんじさんが手がける「WYM LIDNM(ウィム バイ リドム)」、KEIさんがデザインプロデューサーを務める「ADRER(アドラー)」、junさんがプロデュースする「remer(リメール)」といったメンズブランドは、洗練されたデザインと手の届きやすい価格帯で特にZ世代から注目を集めており、ZOZOTOWNでもランキング常連のブランドです。またウィメンズブランドでは、chocoさんがディレクションを行う「chocomee(チョコミー)」、shinoさんがプロデュースする「LAULEN(ローレン)」などが特に人気でした。

※検索数の多いD2Cブランドをピックアップ
※対象期間:2021年1月1日~11月30日

 

 

みんなが着てた!人気トレンドアイテムTOP5

WEARユーザーが今年こぞって着用していたトレンドアイテムをメンズ・ウィメンズ別に公開

 

WEARで投稿されたコーディネートに紐づくワードから、人気のトレンドアイテムをピックアップ。メンズの1位は「#ミニバッグ」で投稿数は2,600件(前年比約30倍)、ウィメンズ1位は「#ビッグカラー」で3,800件(前年比約78倍)を超えるコーディネート投稿が集まりました。「#ビッグカラー」はアイテム自体の襟がビッグサイズになっているものに加え、付け襟のタイプも人気でした。素材や形も様々で、レースやフリルタイプ、レザー、ニットなど個性豊かなアイテムを取り入れて、自分らしい着こなしを楽しむユーザーが多く見られました。昨年の5位から順位を伸ばし、ウィメンズ3位にランクインした「#ロングブーツ」は、2020年の冬からトレンドとしてジワジワ人気が高まっているアイテムの一つで、季節商品にも関わらず、今年は8,900件を超える投稿数となりました。

※コーディネート投稿時に多く付けられた人気タグをピックアップして記載
※対象期間:2021年1月1日~11月30日

 

 

2021年みんなが欲しがったブランドTOP10

TOP3には不動の「UNIQLO」「GU」!今年はD2Cブランドの新顔もランキングに新登場

 

WEARに投稿されたコーディネートの中で、ECサイト送客回数が多かったブランドをTOP10でご紹介。メンズ・ウィメンズの第1位、2位、3位には、一昨年・昨年から常連となった「UNIQLO」「GU」がランクイン。リーズナブルでトレンド感のあるアイテムが引き続き人気を集めました。トレンド感のあるプチプラアイテムを展開する「GRL(グレイル)」は、昨年の7位から一気に順位を上げ、ウィメンズの1位に輝きました。また、メンズの3位~6位はWEARISTAが手がけるD2Cブランドが軒並みランクインとなりました。

※ショップスタッフの投稿は除外
※対象期間:2021年1月1日~11月30日

 

 

最も購買意欲がそそられたコーディネートTOP3

WEARISTAでおなじみのげんじさんが2020年に引き続き1位、chicchimoさんも同じく2位にランクイン!

 

2021年にWEARに投稿されたコーディネートの中で、最もECサイト送客回数が多かったコーディネートのTOP3を発表。メンズ・ウィメンズいずれもWEARISTAがランクインしており、ユーザーの購買意欲をかきたてるような、コーディネートの提案力の強さが現れた結果となりました!

※コーディネートのECサイト送客回数が多いコーディネート順
※対象期間:2021年1月1日~11月30日

 

 

大人顔負け♡おしゃれKIDSコーディネートTOP6

身体は小さくてもコーデは一人前、キュートな着こなしに熱視線!

 

キッズ投稿の中でも最も見られていたコーディネートTOP6をご紹介します。レイヤードスタイルやカラー使いも含めた全身のトータルコーディネートは、思わず大人も真似したくなるオシャレな着こなし。メガネやキャップなど小物使いも秀逸です。見てるだけで笑顔になるポージングにも注目!

※投稿から7日間のView数が高い順に記載
※対象期間:2021年1月1日~11月30日

 

 

2021年は昨年に引き続き、ファッション業界やファッションを愛するすべての人々にとって、思いきりファッションを楽しめる機会が少ない1年でした。「みんな、こういう時は何を着ているんだろう」そんな想いや疑問に応えるサ―ビスとしてWEARや様々なSNSでファッションを検索する人も多かったと思います。素敵な着こなしに憧れる気持ちや、新しいファッションを楽しむワクワク感、多様なスタイルに共感したり、褒め合ったり、日々生まれ変わりゆくトレンドを知ったり。そんな風にファッションを楽しむ気持ちが、今年も変わらずあったと思います。

 

2022年には、どのようなトレンドや着こなしが生まれ、どのようなユーザーやブランドが注目され、どのようなコーディネートに出会えるのでしょうか。来年も、全てのファッション好きの皆様が、WEARを通じてファッションを楽しみ、笑顔あふれるような一年を目指してまいります。

 

 

下記添付資料もあわせてご確認ください。

Release_WEAR Trend Ranking2021_20211206

 

補足資料

【補足資料】ランキング表データまとめ20211206

 

報道関係者のみなさまへ

本件に関しては、こちらまでお問合せください。