株式会社ZOZO、ヤフー株式会社による当社株式に対する公開買付けに賛同意見を表明し、資本業務提携を決定

~ 強固な提携関係に基づき、集客と決済面や「PayPayモール」出店を中心としたシナジーを創出、ファッションECプラットフォームとして、新たな成長ステージへ ~

 

ファッション通販サイト 「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZO(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長兼CEO:澤田宏太郎)は、ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:川邊健太郎)による当社株式に対する公開買付け(以下「本公開買付け」)に関して、取締役会の決議に基づき、会社として賛同の意見を表明するとともに、ヤフー株式会社との間で資本業務提携契約(当該契約に基づく資本業務提携は以下「本業務提携」)を締結することを決定いたしました。

 

※本公開買付け、及び本業務提携の詳細については、本日当社より発表した適時開示「ヤフー株式会社による当社株式に対する公開買付けの開始予定に関する意見表明及び同社との資本業務提携契約締結に関するお知らせ」をご覧ください。

 

ヤフー株式会社は、メディア事業及びコマース事業を通じて国内最大級のユーザーを有しており、本業務提携により、当社に対し、大きな集客効果が見込めること、また、ヤフー株式会社が2019年秋に開設予定の「PayPayモール」における協業シナジーも見込めることなどから、当社は、本公開買付けへの賛同意見の表明、及び本業務提携の実施が、中長期的な当社の企業価値向上につながるものと考えております。

 

具体的な業務提携内容としては、PayPayモールへの当社による出店、ヤフー株式会社のメディアからZOZOTOWN(PayPayモールに出店したZOZOTOWNを含む)出店ショップへのユーザー送客、ZOZOTOWNにおけるスマートフォン決済サービス「PayPay」の導入、及び付随するサービス導入のための協力、PayPayモールへの企業参加における営業協力などに関して、今後協議を行うことを合意しております。

 

本提携により、ヤフー株式会社のユーザー層、ヤフー株式会社経由でのPayPayを利用するユーザーをZOZOTOWNへ誘導することが可能となり、当社サービスの購入者数及び会員数の飛躍的な拡大が見込めるものと考えております。特に、とりわけ中高年齢者層において高い利用率を有するヤフー株式会社から、ユーザーの誘導を受けることにより、若年層のユーザーを顧客基盤の中心としてきたZOZOTOWNにとって大きな補完効果が期待されます。また、PayPayモールにZOZOTOWNが出店することで、当社のサービスを利用する顧客層が一層広がることに加え、PayPayモールの出店者がZOZOTOWNへ新規出店することによる取扱商品数の増加が期待されます。また、ZOZOTOWN上に決済手段としてのPayPayが導入されることにより、決済面におけるZOZOTOWNユーザーの利便性の向上も期待されます。

 

上記のように集客と決済というファッションECプラットフォームとしての根幹機能が、本提携により大きく強化されることで、ZOZOTOWNに出店いただいているアパレルブランド様、ZOZOTOWNで服を購入されるユーザー様にも大きなメリットをもたらしうると確信しております。

 

なお、当社は、本公開買付けの成否に関わらず、今後も独立した上場会社として、東証一部への上場は維持されます。

 

引き続き、ZOZOTOWN等の既存事業の運営を継続していくとともに、企業理念である「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。~Be unique. Be equal.~」の実現に向けて邁進していく所存です。

 

本公開買付け、業務提携により、ヤフー株式会社と当社が同一グループとなることで、安定的な資本関係のもと、強固な提携関係を構築し、今後の両社の更なる成長・発展と企業価値の向上を図ることを目指してまいります。

 

下記添付資料もあわせてご確認ください。

Release_TOBpartnership_20190912

 

報道関係者のみなさまへ

本件に関しては、こちらまでお問い合わせください。