新規プロジェクト推進

2016年 中途入社

新しいものや前例の少ない取り組みへのチャレンジは、大きな壁を感じつつも楽しんで取り組んでいます。

―これまでの経歴と入社のきっかけを教えてください

 大学卒業後、大手電機メーカーに入社し、ソフトウェア開発部門にて、コーディングからシステム設計、マネジメントや戦略と、自分で直接物を作る仕事から組織を動かす仕事まで一通り経験しました。このままこの道を究めていくか、別の業界や業種で新たなチャレンジをするか漠然と考えていた時に、偶然ZOZOTOWNのトップページで求人を見つけました。好きなファッションに関わる業界、かつスピード感を持って積極的に新たなサービスに取り組めそうな会社で、自分が何を生み出せるかチャレンジしてみたいと考え、2016年にZOZO(当時:スタートトゥデイ)へ入社しました。

―現在はどんな仕事をしていますか?

 ZOZOSUIT・ZOZOMATと、主に人体計測に関わる新たなサービスの創出や、人体計測に限らずもし○○ができたらもっと良いサービスになるかもというアイデアや取り組みを推進していく業務を担当しています。新しいサービスや取り組みを立ち上げからローンチまで引っ張っていくため、仕事内容が多岐に渡るのが私たちの部署の特徴です。具体的には、どのようなサービスにするかのアイデア出しや基礎調査、初期試作の実施(難しい部分は社内エンジニアや協力会社に委託しますが、簡単な試作は自分でアプリのソースコードを書いたり、工作したりして自作もします)、実現性が見えた後の社内データベースや市場の数字分析、事業計画等の数字面の検討があります。
 その後、実際に収益性が見え正式にプロジェクトが開始されると、社内の各部署との調整やパートナー会社との商談・契約、実物の測定精度のデータ収集・分析・改善を行います。そして、サービスイン後は、使用状況やお客様からのお問い合わせ等のデータ分析と対応を行いながらよりよいサービスに仕上げていきます。

―仕事をする上でのこだわりはありますか?

 ユーザーファーストの視点を持つことです。何か決断をする時は、自分が作りたいもの、会社の利益になるものという視点の前に、どちらがお客様喜んでいただけるのかという最初の選択を忘れないように心がけてます。もちろんビジネスですので企業利益は大変重要です。しかし企業利益の追及よりも、お客様のメリットを追及する方が結果としてより多くのお客様に信頼・利用いただくことができ、長期的・最終的には一番の企業利益に繋がるとの信念から、「この選択、このサービスは本当にお客様が望むものなのだろうか」という観点をまず第一に考えることを大切にしています。

―仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか?

 新しいサービスをローンチさせ様々な反響をいただいた時です。私たちの部署が関わるサービスは大変有難いことにSNSやメディアを始め多くの場面で取り上げていただけることがあります。その際にお客様からいただく声は様々で、自分がやったこと、考えたことが、どのように喜ばれ、どんな風に感じられているのかとダイレクトに体験することができるのは、自分の成長ともっと良いサービスにしていきたいというモチベーションの向上に繋がるので、大変やりがいを感じています。
 また、業務の性質上新しいものや前例の少ない取り組みが多く、想定外のことが発生することも多々あります。事前に様々な可能性やリスクの想定は行うものの、いざやってみると予想と全然違ったということも起きるため、大きな壁を感じることもありますが、新しいことに本気でチャレンジをしているので、楽しくもあります。

―あなたの楽しく働くコツは何ですか?

 『とりあえず何でも本気でやってみる』ですね。私は、好きなことをしている時間が一番楽しいです。しかし、好きなことだけを仕事にするには相当な運と実力が無いと難しく、実際にはやりたくないこともしなければなりません。そんな中で、好きなことを仕事にする一番の近道は、『好きなことを増やすこと』だと思います。人間大体のことは、初めは嫌だと思っても、そのことに詳しくなり上手になっていくと、だんだん好きになっていくものだと思っています。ですので、まずは何かしらの楽しさややりがいを自分なりに見つけて、本気で取り組むのがいいのではないかと思います。そうして好きなことをどんどん増やし嫌なことが減っていけば、最終的には大体の仕事は、『得意なこと=好きなこと』になっていると思います。

全てのことをできなくてもいい。各々の強みで互いの足りない部分を補い合えるチームです。

―インタビューを読んでいる方へメッセージをお願いします

 私たちのチームのミッションは『新規プロジェクトを成功させること』なので、業務内容は多岐に渡り、日々変化が大きい業務です。そのため、一つの専門性を突き詰めたり決まった仕事をするよりは、様々な取り組み・内容にまずはチャレンジし、各場面で何が最適かを自分でしっかりと考え、実際に行動を起こすのが得意な方が向いている業務だと思います。ただ、最初から全てのことをできる必要はありませんし、チームでの仕事なので、各々の強みでお互いの足りない部分を補い合うことができます。もし今このスキルが自分に足りないかもという方でも、学ぶ意欲があれば心配いりません。ZOZOのサービスに共感でき、それらをより良くするための新しい取り組みを、自分で考え、あらゆる場面に対応しながらやり切りたいという方は、ぜひご応募ください。

藤井 裕樹
大阪府出身。大学卒業後、大手電機メーカーにてソフトウェア開発・マネジメントや戦略など幅広く経験し、好きなファッション業界での新たなチャレンジをするため、2016年にZOZOへ入社。前職の経験を活かして新規サービスの創出やプロジェクト推進業務に従事。

他の職種のインタビュー