ブランドサポート

2018年 中途入社

自分たちはブランド様とZOZOTOWNの架け橋だと思っています。

―これまでの経歴と入社のきっかけを教えてください

大学卒業後、航空会社で3年間客室乗務員として勤務していました。働く中でもっと視野を広げて、会社全体と関わりながら自分から新しいサービスを考えたり、改善提案をできるような仕事がしたいと考えるようになった時に、偶然ZOZOTOWNで募集を見つけました。色々調べていくうちに、企業理念だけではなく「ろくじろう」というめずらしい施策や幕張手当にもきちんと想いがあり、他の会社とは視点が違うところに魅力に感じて応募しました。

―現在はどんな仕事をしていますか?

ブランド様のZOZOTOWN運用に関するサポート業務を担当しています。日々のブランド様からのお問い合わせ対応を中心に、担当ショップの売上確認やサイトパトロールも行っています。
サイトパトロールは、「お客様にとって購買しやすいサイト」を目指すためにブランド様にもご協力をいただきながら、商品名をわかりやすい表記に変更したり、商品説明に誤字脱字がないかや、過剰な表記がないかなど、時間をかけて確認しています。ブランドサポートは、ブランド様とZOZOTOWNの架け橋的な存在だと思っています。
何かあった時にブランド様が最初に連絡をくださるのはブランドサポートなので、できるだけ寄り添った対応をしたいですし、担当者様とは密にコミュニケーションをとっていたいと思っています。そして、「藤本さんが担当でよかった」と言っていただける関係性を築くのが理想です。

―仕事のやりがいを感じるのはどんな時ですか?

他部署のスタッフやブランド様など関わる方が多い部署なので、様々な立場の視点を持ってベストな判断ができた時は、やりがいや成長を感じます。
ブランド様と一緒に「商品をより魅力的にしていきましょう」とお客様視点になって販売促進について考えたり、社内のスタッフとのやりとりの中で、商品を早くZOZOTOWNへ掲載するために「これは効率が悪いからやめよう」と経営の観点から考えることもあるので、それぞれの立場に寄り添った判断をして、いい結果につながった時は嬉しいです。
以前、ブランド様から芸能人の方が実際に着用した商品をどういう見せ方をしたら一番いいかという相談を受けたことがあったのですが、その時は商品をより魅力的に見せるために、担当者様と一緒になって、見せ方を考えました。その後「完売したよ」とご連絡をいただけた時は、すごく嬉しかったですし、楽しかったなと思いました。

―あなたの楽しく働くコツは何ですか?

すごく迷ったのですが、基本的なことで健康第一だと思います。やっぱり健康じゃないと、どうしてもうつむき加減になってしまったり、ちょっとしたことで悩んでしまったり、マイナス思考になってしまうので、身も心で健康でありたいと思っています。
常に健康を心がけることでプライベートも仕事も前向きに過ごせています。

色んな視点を持って判断ができた時は、やりがいや成長を感じます。

―インタビューを読んでいる方へメッセージをお願いします

自分のビジョンがあって挑戦したいことがあれば、未経験でも挑戦できる環境がZOZOにはあります。転職となると悩むことも多いですが、挑戦したいことがあれば積極的に行動をしていく方がいいと思います。ZOZOは新しい取り組みもしていて、環境の変化が多い会社なので、変化を楽しいと思える方や新しいことを楽しいと思える方と一緒に働けたら嬉しいです。

藤本 真里奈
福岡出身。航空会社にて客室乗務員を経験後、2018年にZOZOへ入社。未経験職種でありながらも、前職で培った対応力を活かし、ブランド様の相談役として活躍中。

他の職種のインタビュー