ブランド営業

2018年 中途入社

同じ洋服が好きという人達と同じ方向に走っていけるのが楽しい。

―これまでの経歴と入社のきっかけを教えてください

これまで2社経験していて、1社目は中古車売買の営業、2社目はグルメサイトの営業をやっていました。ZOZOは、学生の時から入社したいと思っていたのですが、その時は縁がありませんでした。ちょうど1年程前に採用ページを見た際に求人が出ていたので、これはもう挑戦するしかないと思い応募しました。ZOZOを諦めきれないという気持ちが1番強かったのですが、これまでの営業の経験が役に立つか試してみたいという気持ちもあり、挑戦しました。

―現在はどんな仕事をしていますか?

担当しているショップの課題解決やより強みを伸ばせるようにするための提案を行っています。
ブランド様とは、ZOZOという企業ではなく、木下という個人として話ができる関係でありたいと思っています。小さいことでも相談をしてもらえる関係性を目指して、オープンな姿勢で積極的にコミュニケーションをとることを日々意識しています。

―仕事をしていて大変だと感じるのはどんな時ですか?

営業時の提案準備が大変だと感じています。これまで経験してきた営業と似ているようで全く異なり、扱う数字が多いので、ブランド様にとっての最適な提案をするために、どのデータを持っていくべきかの判断が始めの頃は難しく、準備に一番時間がかかりました。
あとは、業界のことや先方の背景を理解して、そこも踏まえて提案しないと無責任になってしまうので、好きという気持ちだけではできないなと感じています。

―あなたの楽しく働くコツは何ですか?

自分の中でのショートゴールをみつけて、それをクリアしていくことです。その積み重ねが達成感につながりますし、できることが増えると楽しくなってくるのかなと思います。ちょうど今、先輩からいくつか課題を出してもらって、色々教えてもらっているのですが、すごく勉強になっていて、一つひとつクリアするのが楽しいです。
あと、自分の好きなことに携わるというのも大事だと思います。自分は特に洋服が好きなので、同じマインドの人たちと同じ方向に向かって走っていけるのが一番大きいです。

後悔したくないから挑戦する。その結果、今の自分がいます。

―インタビューを読んでいる方へメッセージをお願いします

自分の中でやりたいことがあるなら、例え遠回りしてもやった方がいいということを伝えたいです。行動してダメだったなら仕方がないと思えるけど、あの時やっておけば良かったというのが一番もったいないと思います。自分も後悔したくないという思いで挑戦したことが、今の結果につながっています。ZOZOは誰にでもチャンスがある会社ですし、異業界から来た自分でも温かく迎え入れてくれる環境で仕事させてもらえているので、気持ちがあるなら絶対に挑戦することおススメします。あとは、「自分だったらZOZOをこうしたい」という人も大歓迎です。

木下 達郎
中古車販売・グルメサイトの営業を経て、2018年にZOZOへ入社。これまでと異なる営業スタイルの中でも、ブランド様によりよい提案をするために、日々勉強中。好きな週末の過ごし方は「古着屋めぐり」。

希望職種の募集がない場合は、是非キャリア登録をご利用ください。詳細はこちら

キャリア登録

※全ての方に選考の機会をお約束するものではございません。

同じ職種のインタビュー

他の職種のインタビュー