サイト内を検索する

【カスタマーサービス】アルバイトスタッフインタビュー

ニックネーム:やまちゃん
趣味:音楽(ベース担当でバンド活動中)、映画鑑賞、読書
特技:テニス
2012年7月入社、チームキャプテンとバンド活動を両立。「好き」を追求して活躍中の26歳。

Q.アルバイト応募のきっかけは何ですか?

A.服が好きで、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を使っていたことがきっかけです。学校を卒業後、バンド活動をしながらアルバイトで働く生活を3年位続けていた時期に、カスタマーサービスの求人に出会い、勤務シフトも自分に合うと思い応募を決めました。以前アパレルの販売員をやっていたのですが、店舗とは違って、いろんなブランド様を取り扱っている場所でシゴトするのも楽しそうだなと感じていました。

Q.実際にシゴトを始めてどうでしたか?

A.お客様の対応には正解がないことを実感しました。相手次第で自分の対応が100点なのか0点なのかが変わってきます。限られた情報の中で、人物像や背景を汲み取りながら、その人にとって何がベストなのか見極める必要があり、最初は難しさを感じていましたが、今では一緒に働くスタッフからも自分の気付く力を評価してもらえるまでに成長できました。そのためか最近は新しいことにも挑戦させてもらっていて、大きなやりがいを感じています。

Q.具体的にどんな挑戦をしているのですか?

A.2016年4月から、新しくチーム編成があり、キャプテンとして数名のチームをまとめています。業務管理や対応へのアドバイス・指導をするなど、チームづくりを任されています。 今回は社員スタッフ・アルバイトスタッフ含めて対応品質の高い人がキャプテンに選ばれたのですが、雇用形態を超えたチームづくりができているのは、風通しの良いスタートトゥデイのカスタマーサービスならではだと思います。この機会があったことで、スタッフそれぞれのやるべきことが明確になってきた気がします。それにより個人の目標も立てやすくなり、各々が目標達成に向かって着実に進めている実感があるので、今の職場の雰囲気はとても好きです。 僕のチームは「楽しくやろう」というのがモットーです。比較的入社してまだ日の浅いメンバーが集まっているので、まずは「ミスをなくしていこう」や「できるだけ吸収していこう」など、できるところから声掛けをして盛り上げています。キャプテンとしてまだまだ勉強中のこともあるので、自分よりできる人を参考にしながら自身の対応力を伸ばしていきたいです。

Q.長く続けてこられた理由は何だと思いますか?

A.周りの人からの刺激が多かったからだと思います。カスタマーサービスには学歴や職歴関係なくいろんな経験をしてきた人が集まって働いています。年齢もバラバラなみんなが、同じ場所でシゴトをして、プライベートでも深い付き合いがあります。この4年間常に、力になりたいと思える人が身近にいて、手を貸してあげたいと思えることがあったので、長く楽しく働いてこられたのだと思います。自分に与えてもらったシゴトも、達成したいこともあったので、「やらなきゃ!」という気持ちに自然となりました。

Q.スタートトゥデイのカスタマーサービスで働く魅力は何だと思いますか?

A.人が本当にいいこと。単純にいい人が多いのもあるけど、さまざまな価値観をもったスタッフ同士が互いを尊重している。そんな人達といつも触れ合えるので、刺激を受け成長できます。業務の面でも、社内だけでなく、お客様やブランド様との関わりも非常に多く、勉強になります。あとは、会社の変化を感じやすいことも大きな魅力だと思います。もちろん大変なこともありますが、新しいことに触れるのはワクワクするので面白味を感じています。


ニックネーム:ゆりきゃん
趣味:お買い物、話題のおいしいもの巡り
特技:泳ぐこと 
2014年5月入社、おしゃれ大好き!仲間大好き!シゴトを楽しむ22歳。

Q.アルバイト応募のきっかけは何ですか?

A.高校卒業後1年だけ保育の専門学校へ行っていました。当時、美容業界とファッション業界の3つで迷っての選択でしたが、学校へ行った後で、ファッションに関わりたい気持ちが強くなっていました。 専門学生時代に、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)に興味を持ち、アパレルのシゴトを体験したくて、派遣スタッフとしてスタートトゥデイの物流倉庫で発送作業を経験しました。そこでのシゴトを楽しいなと感じ、春からは新しいことをしたいと思っていたタイミングでカスタマーサービスの求人を見つけ、応募しました。友達がたまたま働いていたこともあって、身近に感じていたのも理由のひとつです。

Q.シゴトをしてみてどうでしたか?

A.物流倉庫で働いていた頃から、スタッフがおしゃれで若い人が多い職場というイメージがありました。職場に関しては、想像通りでした。ただシゴト内容に関しては、難しいのではないかとネガティブなイメージが先行していましたが、働いてみるとイメージが覆りました。 まず、入社してすぐの研修がとても楽しかったのに驚きました。同じタイミングで研修を始めたメンバーがみんな本当に優しかった。自分だけ歳が離れていたことや、正社員入社のスタッフが多かったことから、居心地が悪いのではと心配していたけれど、みんなあたたかく仲間に入れてくれて、安心して研修に臨めました。 研修終了後、最初に合流したチームのメンバーも本当に優しくて、分からないことも丁寧に教えてくれたので、あまり不安はなかったです。シゴトで対応に困ったときも、リーダーの方が親身になってフォローしてくれました。 シゴトを始めて1年くらいで、自分の対応にも自信が出てきて、今ではできることも増えてきました。もっと自分でできることを増やして、自分の後輩に知っていることを全部伝えてあげたい。それが、今の目標です。

Q.業務で難しいと感じることは?

A.カスタマーサービスのシゴトは対面じゃないからこそ、先入観を持ちやすいと感じました。話し方や声のトーンで相手のイメージができてしまうから、対応する自分が相手に与える印象には特に気をつけなくてはいけないと感じました。学生時代も居酒屋で接客のアルバイトを経験していましたが、そこでは得られなかった発見だったと思います。2016年7月からは、チームのサブリーダーとなり、新しいステージでシゴトをしています。これまで質問する側だった自分が答える立場になって、新しいこともたくさん知ったし、責任感やプレッシャーを感じて、これまでで一番大変さを感じました。 ただ、入社当時から変わらず感じ続けられているやりがいは、やっぱりお客様に喜んでもらえた瞬間です。例えば、お客様から操作方法が分からないとお問い合わせいただき、一緒に解決できたときに「ありがとう」の言葉をいただくときは本当に嬉しいです。 あとは、一緒に働くスタッフが本当にいい人で大好きです。休憩時間に一緒にお昼を食べたり、休みの日もわざわざお休みを合わせてBBQや海水浴に行ったり、シゴト終わりに飲み会をしたり、そんな時間があるから日々頑張れているのだと思います。スタッフはたくさんいるけど悪い人が本当にいない。間違いなく人は自慢です。

Q.スタートトゥデイのカスタマーサービスならではだと思うことはありますか?

A.一般的にカスタマーサービスセンターは堅苦しい印象や、言葉遣いや礼儀をきちんとしなきゃという印象があると思います。確かに基本的な部分はきちんとしなくてはいけないけど、ZOZOTOWNのカスタマーサービスセンターはフレンドリーな対応を目指しているので、お客様によっては言葉を柔らかい表現に変えるなど、必ずしもマニュアルで通りでなく自分らしい工夫ができるところが他と違うと思います。 未経験からでも安心して働けるのも魅力です。私も働き始めた当初はPCもあまり触ったことがなく、タイピングは元々得意ではなかったけど、自然とできるようになってきました。言葉遣いやマナーも教えてもらって身に付いたので、誰でも挑戦できるはずです。

募集要項はこちら