Interview

ZOZOで実現する、「楽しく幸せに働く」という自事の哲学

ZOZOへの入社経緯は、本当に偶然でした。学生時代は統計社会学を専攻していたのですが、もともと「人と違うことがカッコいいんだ」というひねくれた考え方を持っているので、ファーストキャリアは周囲とは異なる営業職として、リテール業界に進みました。

短い期間で店長から経営企画まで多様な経験をさせてもらったのですが、「30歳までに世界の行きたい所にすべて行く」という目標があったので、先々のことは考えずに、思い切って退職しました。旅から戻ってきたタイミングで機械学習を学び、フリーランスでエンジニアをしていたところ、現在の上司に声をかけてもらったのが入社経緯です。

いくつか内定をいただいたなかで、それでもZOZOに入ることを決めた理由は、面談してくれた今の上司が楽しそうに自事(※)をしていたからです。「関わる人に幸せになってほしい」といった自分自身のポリシーがあるので、それを叶えたいと直感して入社を決めました。

(※)ZOZOでは、仕事のことを「仕事(仕えること)」ではなく「自事(自然なこと)」であるという意味を込めて、「自事」と表記します。

自事を通じて、ポジティブなエネルギーを生み出す

現在は、分析本部内の事業推進部 新規事業推進ブロックでブロック長を務めています。分析の専門家として、中期的な経営課題の解決や事業推進を、数字の側面からサポートするのがミッションです。

全社KPIの定義と管理、人事データの可視化支援、レコメンドアルゴリズムのロジック開発、統計的検定や因果推論に基づくマーケティング施策の効果検証など、携わる部署と事業はさまざま。所属するメンバーそれぞれが、スペシャリストとして各事業に関わっています。

分析本部が関わったことで事業が前進したり、自分が関わったことでスタッフの表情が輝いたり、部署の垣根を超えたコミュニケーションによってポジティブなエネルギーが生まれる瞬間が、僕の自事のやりがいです。

創業の日から続く、前向きで幸福なカルチャー

僕はZOZOの、スタッフみんながポジティブに働いているところが大好きです。自分が持つスペシャリティを存分に発揮しようとする前向きな意思を感じますし、仲間を大切にしたいという気持ちにあふれているんです。

僕は中途採用でZOZOに入社していますが、ZOZOの素晴らしいカルチャーに触れたことで、働くことが日に日に楽しくなっています。創業の日から今日まで続く「楽しく働く」というZOZOのWORK STYLEが、ZOZOの根幹を形作っているのだと感じています。

数字の力で偏見をなくし、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

僕は数字の力で偏見をなくし、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」に貢献したいと思っています。

僕はアパレル業界やZOZOの中で、まだまだ日が浅いため、他のスタッフに経験では敵いません。だからこそ、これまでアパレル業界やZOZOになかった視点で、新しい風を吹き込んでいきたいと思っています。「普通はここがみんなの諦めるポイントだな」「すなわち、もうひと踏ん張りしすれば、良い答えにたどり着く可能性が高いな」と考え、自事に取り組むように意識しています。

目まぐるしく変化する時代を生き抜くには、「今日の正解は明日の不正解」くらいの気持ちを持って、日々自分たちの行動を問い直していく必要があります。その思考を支える一つのツールが数字であり、分析です。

数字に基づく正しい意思決定により、誰もが幸せに働くサポートをする。そんなデータサイエンティストとして、ZOZOの未来をつくっていきます。