当時を振り返ると「無茶苦茶な!」と思うことも多々ありました。

管理部門/黒木 悠利/2017年度新卒入社

―入社を決めた理由を教えてください。

ZOZOで働く「人」に惹かれて入社を決意しました。学生時代の私は、身の回りの社会人を見ている中で、働くことにネガティブなイメージ持っていました。そんな時に、偶然書店で手にした経済誌に「ZOZO特集」が組まれており、上場企業ながら挑戦し続ける姿勢、他社にはないユニークな制度、何より社員が満面の笑顔で楽しそうに働いている姿を目の当たりにし、当時の私は身の回りとのギャップから「こんな会社があるのか・・」と衝撃を受けました。その衝撃を忘れられず、新卒採用の募集開始時にはサイトのオープン時間と同時に即応募していました。私は、会社で「何をするか」ということよりも、「誰と働くのか」という「人」の部分に一番重きをおいて、就職活動を行っていました。環境や時代の流れとともに自分のやりたいことは変わっていくものだと考えていたため、不変的といえる理念やともに働く人に一番こだわりたいと決めていたからです。実際に内定時にお会いした先輩社員たちは、当時私が憧れを抱いていた日々の充実感から笑顔で溢れている人ばかりで、小難しいことは考えずに、「この人達と一緒に働きたい」と一番素直に感じたことが入社を決意した理由です。

―ZOZOってどんな会社ですか?

働いていて「飽きない会社」だと思います。挑戦に前向きで、変化を恐れない風土があるため、日々新しい施策や取り組みが社内で起こり、良い意味で飽きない会社だなと思うことが多いです。働いている社員も「変化を楽しむ」人が多いので、「皆でやろう!」となった時のエネルギーとスピード感が突き抜けている部分は、ZOZOらしさなのかなと感じます。「人」の部分でも、多種多様な分野で突き抜けている人が多いと思います。ファッション感度が高く企画力で突き抜けている人もいれば、会計のスペシャリスト、法律のスペシャリストといった専門的な分野で突き抜けている人も多いので、私自身働いていて様々な方から刺激をもらえることばかりです。仕事はもちろん、一緒に働く人にも日々刺激をもらえているからこそ、働いていて飽きない会社だと感じると思っています。

―労務という仕事のやりがいは何ですか?

身につけた知識が仕事に直結することだと思います。「労務」という言葉はあまり馴染みがないかもしれませんが、主な仕事内容を一言で表すと「スタッフが安心して働くための環境作り」だと考えています。具体的には、労働環境の整備、就業規則の整備、給与計算、勤怠管理、福利厚生の整備等、スタッフが安心して働くうえでどれも重要な業務を担当します。業務の性質上、会社全体に影響する規則(働き方のルール等)を作る機会も多くなります。規則は好き勝手に決めるのではなく、労働基準法や労働安全衛生法といった、法律の定めに従い内容を決定する必要があるため、常に最新の法律の知識や、世の中の働き方のトレンドをキャッチアップしなければなりません。そのため、日常の業務をこなすだけではなく、改正される法律の内容を確認したり、他社の働き方の事例を参照してみたり等、常に新しい知識のインプットを心がけています。時期によっては忙しく大変な時もありますが、学んだ知識の分だけ仕事の幅が広がり、その新しい知識を従業員の「働く環境」に反映できることこそ、労務のやりがいだと感じています。

―これから実現したいことはありますか?

従業員が安心して働ける施策として、「健康支援」に特化した福利厚生を整備したいです。ZOZOでは、ZOZO WORKSTYLEとして「楽しく働く」という理念を掲げています。働く環境を整備する立場として、楽しく働くということに真剣に向き合った際に、第一にスタッフ一人ひとりが心身ともに「健康」でないと、そもそも楽しく働くどころではないと考えました。ひと昔前のZOZOでは、若いスタッフが多いというイメージが先行していましたが、現在では会社の成熟とともにスタッフの年齢層も広がり、結婚してお子さんを持つ方も増えてきています。スタッフがどんなライフステージになったとしても、自身が健康で安心して仕事に打ち込めるような、仕組みを会社内に作り上げることが、今の私の目標です。そしてゆくゆくは、スタッフが日々の生活するうえで困った時に相談に乗り、会社の制度や仕組みを利用して解決案を提示できるような労務のスペシャリストになることが出来れば理想です!

―楽しく働くために大切にしていることは何ですか?

好奇心を失わないことです。私は、自身の経験や知識が広がっていると実感できる時が、一番働いていて楽しいと感じるので、そのためにも好奇心を持ち続けることを大切にしています。例えば、資料を作る際に自身の感覚だけで作るのではなく、「人が読みやすいと感じるデザインとは、どういうものなのか?」という好奇心を大切にし、社内で資料作りが上手な人に個別に勉強会を開いてもらう等、自身の好奇心をもとに経験と知識を広げるきっかけ作りをしています。好奇心を失うと、視野を広げたり新たなチャレンジをするうえでの「きっかけ」が減ってしまうと思うので、自分の仕事と直接関係のない分野に対しても積極的に興味を持つことも大切にしています。

―学生へメッセージをお願いします。

ZOZOでは、企業理念である「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。~ Be unique. Be equal. ~」という考えのもと、お互いの違いを認め、お互いの個性を尊重する風土があるので、若手でも自身の考えを積極的に発言しやすく、上司や同僚も正面から向き合ってくれる人が多いです。また、変化が激しい会社なので、主体性を持って行動できる人であれば、多くのチャンスを掴める環境でもあると思います。ファッションが好きな人はもちろん、そうではない人も何か一つでもZOZOの考え方に共感できる箇所があれば、ぜひ挑戦してみてください。皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。

管理部門(2017年度新卒入社)

黒木 悠利

2017年に新卒11期生として入社。丁寧かつ安定感抜群の仕事ぶりで、チーム最年少ながらも周りから頼られる労務部のホープ。入社3年目でフレックスタイム制度の導入等、会社としての一大プロジェクトのメイン担当に抜擢されるなど大活躍中。出身は宮崎県で、ZOZOへの入社と共に千葉県へ。おすすめの地元フードは辛麺。

その他のインタビュー

もっと見る

ENTRY