オンライン・オフライン共通する価値を創造できる部分が面白い。

EC事業部門/東 奈里香/2011年度新卒入社

―入社を決めた理由を教えてください。

学生時代のアルバイトでキャリア系ブランドのアパレル販売員をしていたのですが、狭い店内でベビーカーを押してお買い物されるお客様がおり、邪魔にならないように短時間で選ぼうとされる様子を見かけた時に、「もっとゆっくり選んで納得いくお買い物をしていただきたいな」と思い、当時はまだファッションでの利用率が低かったEC分野に興味を持ちました。また、ZOZOTOWNは他サイトと比較して使いやすかったのですが、今ほど出店ショップ数は多くなかったので、目に見えない需要に応えるためにも出店ショップ数を増やしたいとも思い、入社を決めました。

―現在担当している仕事は何ですか?

ブランド営業部という部署で、1人でも多くの人が商品を手に取ってくださるように、ブランド様へ様々な提案を行っています。お客様にとってZOZOTOWNは、タイムセールやクーポンの印象が強いかもしれないのですが、「ZOZOTOWNユーザーにとって、今必要とされる商品は何か?」を考え、ブランド様に商品提案を行うなど、”良い商品”をZOZOTOWN上に出せるように日々取り組んでいます。直近では、中国版ZOZOTOWNの立ち上げにも関わりました。

―ZOZOのブランド営業の面白さとは?

昔、担当していた老舗ブランド様へZOZOTOWN限定商品を企画することがあったのですが、店舗で買い続けている既存のお客様が「ZOZOTOWNで買いたい」と思うには?という視点と、そのブランドの商品を買ったことのないZOZOTOWNユーザーにも買ってもらうには?という視点から、ブランドが過去に作ったオリジナル柄の生地でパジャマを作ってもらいました。結果、老舗ブランド様の新規顧客数が増え、さらにブランドの担当者様より店舗のお客様からも喜んでいただけているとのお声をいただきました。ZOZOTOWNはECサイトですが、ECを通して繋がった多くのユーザー情報があるので、その知見からオンライン・オフライン共通する価値を創造できる部分面白いと思います。

―中国版ZOZOTOWN立ち上げの際に印象的だったことは何ですか?

中国版ZOZOTOWNは法務、システム、ブランド営業、デザイナーとそれぞれの部署にいるメンバーが中国版ZOZOTOWNのためにプロジェクトチームとなって仕事をしているのですが、「成功させること」ではなく「最大値で成功させること」を前提で話をしていることがとても刺激的だなと思いました。中国の現地スタッフのメンバーも日本のZOZOチームと一緒に連携を深めようと、日々コミュニケーションをしてくれていて、国籍や環境が違うことは仕事をするうえで問題にはならないと感じることが多いです。

―これからどんなことに挑戦していきたいですか?

服好きの方が便利に商品購入に至るために、ファッションECは進化し大きく成長してきましたが、そもそも服にそこまでこだわりのない方、こだわりたいけど方法が分からない方など、見えてない需要に応えていくような仕組みを開発できたらいいなとずっと思っています。また、いい服を作り出すためには、生産者の方々が思う存分こだわった服作りに専念できる環境が必要だとも思うので、アパレル企業が抱える課題を解決できるようなB2Bサービスを構築していくことも、今後のZOZOTOWNの大事な役割だと考えています。 Zホールディングスグループの一員となったことで様々なシナジーを想像できると思うので、思う存分自由に想像して、自分の手で1つずつ形にしていきたいです。

―楽しく働くために大切にしていることは何ですか?

「楽しく働く」という言葉の主語は、自分に関わる全員であるべきだと考えているので、何の仕事をするにしても対面の相手が(さらにはその方の上長なども含めて)納得する形で進行できるよう、細部までこだわりを持って徹底した仕事をするように心がけています。

―学生へメッセージをお願いします。

皆さん自身が就職先を選ぶ立場になって会社情報を眺めてみるとワクワクしてくるんじゃないかと思います。世界にある会社全てが皆さんの選択肢の1つなので、その状況を楽しめるような就職活動期間になるよう応援しています。

EC事業部門(2011年度新卒入社)

東 奈里香

2011年に新卒5期生として入社後、約4年間ブランド様の自社EC支援のコンサルティング営業に従事。その後、ブランド営業部へ異動し、ZOZOTOWNに出店するブランド様や部下のフォローを行いながら、中国版ZOZOTOWNの立ち上げの中心人物として活躍。EC事業部門を支えてきた人物の1人。

その他のインタビュー

もっと見る

ENTRY