サイト内を検索する

林 健太

「働く」の解釈が広がる出会い

私はもともとファッションと音楽が好きで、今と比べるとまだ情報量が少なかった学生時代、ガラケーでブランドの掲示板を1日中見て、新作の情報を追いかけたりしていました。ZOZOのEC事業の先駆けとなるインターネット上のセレクトショップ「EPROZE(イープローズ)」にも、その時に出会いました。

大学4年生になり就職活動を行っていたんですが、実は「働くこと」に漠然とした不安を感じていたんです。そんな中でも、普段から利用しているサービスを運営していたスタートトゥデイ(現在のZOZO)なら、働いてみたいと思いました。

就職説明会では、社員の方がとにかく楽しそうにしていることに衝撃を受けました。例えば、その時に流行っていた海外ドラマの登場人物の名前を自分たちにわりあて、役を演じながら説明を進めるなど、今まで感じたことのなかった“空気感”に、「仕事ってこんなに楽しんでいいんだ」と驚き、好奇心が湧きました。

働くことに距離を感じて、就職活動を少し億劫にすら感じてしまっていた自分の心が、ほぐれた瞬間でした。

他にも、面接室に入ると私が腕につけていたバングルを見てすぐさま、「僕もそれ持ってるよ〜!いいよね〜!」と話しかけられることもあり、自分のことをまず肯定してくれるような不思議な感覚を覚えました。

このように、自分が想像していた「働く」の解釈が広がるご縁があり、結果的に準社員としてZOZOで働くことになりました。

「好き」という、とてつもなく自然な動機

現在は、CDO(Chief Design Officer)室 UI・UXデザイン部に所属し、ディレクターとして新規プロジェクトの相談を受けたり、部署のマネジメント業務を中心に担当しています。 

ZOZOのUI・UXは、ZOZOTOWNのユーザーでもある自分たちがペルソナとなって「こういうのあったら便利だよね」と本気で思うものをデザインしています。

スタッフみんなが自分たちのサービスを好きだからこそ、どんなデザインが嬉しいか、便利かというアイデアが自然と湧き出てきます。「好き」は、とてつもなくシンプルで自然な動機だと思うんです。

そのアイデアを、よりシンプルなコミュニケーション、いわば「やさしいデザイン」にすることを日頃心がけています。以前、上司と「情報整理や優先順位がしっかりしていれば、例えわからない言語で表示されていても使える。それくらい感覚的にやさしいUIがいいよね」と話したことが胸に残っていて、今でも判断基準のひとつになっています。

デザインというコミュニケーションを通じて、多くの方により簡単にお買い物を楽しんでいただくのがUI・UXデザイナーの役割だと思っています。

また、UI・UXデザイン部としては、インハウスデザイナーならではの自分たちで考える力を養うことを重視しています。他部署の方から相談されてから始まる案件も多いですが、依頼されたことに応えるだけでは足りません。

UI・UXデザイン部は、ZOZOTOWN、WEAR、FAANSなどZOZOで開発・運営する全てのサービスのUI・UXに関わっているので、マーケティング、営業、エンジニア、サービスグロース、MA(マーケティングオートメーション)チーム、ブランドソリューション、カスタマーサービス、ZOZOBASEなど、多岐にわたる部署と関わるところが特徴です。

そういった多様な部署、職種のスタッフからの相談を受けた上で自ら考えをめぐらせます。相手の意を汲み取りながらもさらに良くできる「何か」の提案をしていくことが役割であり、腕の見せ所だと思って取り組んでいます。

“みんなが主役”の一大プロジェクト

先日ZOZOTOWNのアクティブ会員数がおかげさまで1,000万人を超えました。年々多くのお客様に使っていただけるサービスに成長していることを、肌で感じています。

2021年の3月には、ZOZOTOWN全体のリニューアル、「ZOZOVILLA」と「ZOZOCOSME」のオープン、ZOZOカードの新色追加などがありました。

リニューアルは、私が入社して以来最も大きな全社を挙げてのプロジェクトだったので、とても印象に残っています。また、複数のプロジェクトがほぼ同時期にローンチをするという、まるでお祭りのような期間でもありましたね。

関係者が多く、調整や連携も簡単ではありませんでしたが、最終的に大きなトラブルもなく着地することができ、これはまさに、自分の管掌範囲を超えて協力しあったり、各々の役割や責任を全うできたことの証明ではないかと感じます。

また、みんなが協力しあいながら、当たり前のことを当たり前に遂行できたのは、日々、サービスに対しての当事者意識と責任感を持って精度の高い自事(※1)をしているからこその成果だと思います。

このプロジェクトの成功は、私にとってまさに「ソウゾウのナナメウエ(※2)」でした。

(※1)ZOZOでは、仕事のことを「仕事(仕えること)」ではなく「自事(自然なこと)」であるという意味を込めて、「自事」と表記します。 (※2)ソウゾウのナナメウエ・・・想像もしなかったような周りをあっと言わせる取り組みをしていこうという、社員の「ZOZOらしさ」を言語化した言葉。

ノーボーダーで、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

私は、時間の使い方の線引きをしないようにしています。例えば、休みの日にインプットしたことを自事の場でアウトプットすることもあるし、自事で培ったものが私生活で活きてくることもたくさんあります。

かといって、四六時中自事モードかというと、そんなこともありません。自事をしているときもオフのときもギャップがなく、生活の一部として認識している感覚です。最近はリモート環境になってその傾向がさらに強まって、自分のリズムがよりコントロールしやすくなったので楽しいですね。ちょっとした合間に植物に水をあげたりできますし(笑)

また、ZOZOのスタッフはサービスをよくするためという共通の目的を持って日々業務に取り組んでいて、その点でも隔たりはありません。

もちろん、所属する部署や強みの違いなどがありますが、デザイナーだって、売上のことを人一倍気にしたっていいし、他の部署の方がデザインにアイデアを出してくれてもいい。共通した目的意識とお互いにリスペクトしたうえで話し合えることが大事ですね。

培った経験や視野をどう活かすかは自分次第です。自分の意識をまず「ノーボーダー」にすることで、よりクリアに解像度高く、物事をイメージしていきたいです。

井上 瀬里香

大切なのは、一緒に働いて楽しいこと

私は幼い頃から絵を描くことが好きで、「好きなことをずっと続けたい」という想いから美術大学へ進学し、情報デザインを学びました。

新卒で入社した会社では、マッチングサービスの立ち上げや改修などに携わり、UI・UXデザイナーとしての基礎を学びました。充実した日々を過ごしていましたが、社内のデザイナーの人数が少なかったこともあり、しっかりとしたデザイナーの組織がある会社で、仲間と切磋琢磨しながら働くことに、いつしか憧れを抱くようになっていました。

そんな時に出会ったのが、ZOZOです。ZOZOで働く友人の「いい会社だよ!」という言葉も後押しとなり、カジュアル面談を受けてみることにしました。

もともと「ZOZOTOWN」ユーザーだった私は、ZOZOが生み出すカッコいいクリエイティブや使いやすいサービスに触れ、それらを支えるZOZOのデザイナー組織にとても興味があったんです。

カジュアル面談では、ZOZOはデザイナーとしてのスキルだけではなく、一緒に働いて楽しい人かどうかを大切にしていることを知りました。その考えにとても共感し、ZOZOの働く仲間を大切にする姿勢に心を掴まれたんです。

また、ZOZOではデザイナーがサービス開発やプロジェクトの初期段階から携わることが多く、デザイナーの意見を尊重する文化にも惹かれましたね。

私が理想とするデザイナー組織に出会えたと感じ、ZOZOで新たなキャリアをスタートすることを決意しました。

ユーザーの体験を想像し、デザインを創造する

現在は、CDO(Chief Design Officer)室のUI・UXデザイン部に所属し、UI・UXデザイナーとしてZOZOTOWNのデザインを担当しています。

ZOZOのUI・UXデザインは、初めてZOZOTOWNを利用する方でも直観的に操作方法が分かるシンプルさを目指していて、ユーザーの痒いところに手が届くような、ちょっとした便利な機能など、ZOZOらしいこだわりがたくさん詰まっています。

入社後に担当したコスメ専門モール「ZOZOCOSME」の新ブランドオープン施策では、ブランドが持つ世界観とZOZOらしさを上手く共存させ、ユーザーに新たな購買体験を提供できるよう、様々な角度からデザインの検討を重ねました。

多くの関係部署と、細かい部分まで丁寧に調整しながら進めることが必要な難しい自事(※)でしたが、無事にユーザーに届けることができたときには、初めて担当した案件ということもあり、並々ならぬ達成感を感じました。

UI・UXデザインには厳密なルールやマニュアルがあるわけではなく、見せ方ひとつで、ユーザーに与える印象が大きく変わります。そのため、ZOZOTOWNを普段から利用する私たちが、ユーザーにとってどんな購入体験がベストか想像しながら、日々デザインを創造しています。

性別や年代を問わず多くの方に利用いただいているサービスだからこそ、常にどんな人にでも「なじむ」デザインを心掛けているんです。

ときには悩むこともありますが、ユーザーや身近な人から反響をいただくことが励みになり、また頑張れます。同時に、こんなにも多くの方々に利用いただいているサービスの設計に自分が携わっていることを実感して、身が引き締まる想いがしますね。

(※)ZOZOでは、仕事のことを「仕事(仕えること)」ではなく「自事(自然なこと)」であるという意味を込めて、「自事」と表記します。

共に働く仲間とサービスを大切にする、ZOZOのスタッフ

コロナ禍に入社したこともあり、リモートワークでの自事で困ったときに周りに気軽に相談できるかなど、入社前は不安があったのですが、それは杞憂に終わりました(笑)。

ZOZOのスタッフは、他のスタッフの考えや意見に真摯に耳を傾けてくれるので、どんな些細なことでも相談しやすい雰囲気があるんです。たとえ私が、一見実現が難しそうなアイデアをチームに提案しても、「それ面白いね」と、決して否定することなく聞いてくれます。

あるときには、話題のオンライン対戦ゲームをしたいと何気なくつぶやいたところ、それを聞いたスタッフが業務後の時間でゲーム好きな人を集めてくれて、皆でプレイしたこともありました。そういった人の温かさが心地良いですね。

これまで私は、デザインレビューの時間が正直苦手でした。レビューは、する側もされる側も難しく、時に自分が責められているような気分になり、落ち込むこともありました。

しかし、ZOZOのスタッフから受けるレビューからは、自分たちが好きなサービスをより良くしたい、という素直で真剣な想いが伝わってくるんです。また、ユーザーやブランド様、そしてZOZOにとって何がベストかを、しっかりと議論し突き詰めていく作業なので、レビュー内容に委縮することなく、むしろ前向きになれます。

最近は、レビューで指摘をもらうと「その視点があったか」と悔しく感じますし、次こそはもっと良いデザインを生み出したいという想いから、これまで以上に粘り強くデザインに取り組むことができています。

向き合う力で、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

私は、向き合う力で、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」の実現に貢献したいと考えています。

一般的には、デザイナーは個人で業務を完結することも多いかもしれませんが、ZOZOでは違います。レビューや議論を通してお互いが向き合い、それぞれが得意とする分野や能力をかけ合わせることで、より良いデザインを創造しています。

そのためにはもちろん、一人ひとりがクオリティの高いデザインを生み出すことは不可欠です。

デザインには正解がありません。そういう意味では、ある程度のモノができれば、それで終わりと手を止めることもできますが、それではユーザーに満足いただくことはできませんよね。

正解がないからこそ、正解に近づけるための努力をどれだけ積み重ねることができるかが、デザインのクオリティを左右するはずです。

だからこそ、難しい課題などに直面し、苦しい局面になっても、デザインと、それを生み出す自分自身にしっかりと向き合い追求していくことで、UI・UXデザインを通してユーザーにファッションの楽しさを届けていきたいです。

高延 美穂

人と人がつながるデザインを目指して

デザイナーを志した原点は、スケッチブックと向き合う時間にあったと思います。

小学生のころからずっと学業に打ち込んできたのですが、絵を描くことには、テストを解くのとは違う楽しさがありました。

私にとって、答えのない創作に没頭する時間は、正解を速く正確に導くことを突き詰めるよりも、よっぽど自分らしくいられるものだった気がします。

私にとっての「絵」は、コミュニケーションのツールでもありました。自分のためではなく、誰かのために絵を描いていたんです。

例えば、幼少期も託児所では、数時間後に迎えに来る母のために絵を描いていました。「上手だね」と褒めてもらえるのが、嬉しかったんだと思います。

大学はもともと総合大学に進む予定でしたが、やはり大好きな絵を学びたいという気持ちが勝り、公立の美術大学に進学しました。

地元・徳島から遠く離れた新潟県で、美術にとことん打ち込んだ4年間は、かけがえのない財産になっています。デザインに打ち込める毎日が楽しくて仕方がなかったですし、デザインとは何なのかを自分なりに解釈することもできました。

私がつくりたいデザインは、人と人とをつなぐものです。スケッチブックに描いた絵が、私と母をつないでくれたように、私が描いたデザインで人と人がつながる瞬間を生み出せたら、それ以上に嬉しいことはない。

その思いから、就職活動でも、「私がデザインする意味」を大切にして会社選びをしていました。

ファーストキャリアにZOZOを選んだのは、まさに「私がデザインする意味」を感じられたからです。

美大生は個性を大切にする人が多く、人と「被ること」が嫌いです。もちろん、私もその一人。

学生時代を過ごしたのは新潟の田舎で、そこでは自分らしさを表現できるファッションに出会うことが難しかった。そんなときに、「ZOZOTOWN」には何度も助けてもらいました。

多様なアイテムが揃うZOZOTOWNは、「私」と「私らしさ」をつないでくれるサービスだったんです。

ZOZOに入社して、ファッションとファッションを愛する人とをつなぐことは、いつしか私の目標になっていました。

本気で信じてくれるから、成長できる

現在は、プロモーションデザイン部に所属し、ZOZOTOWNのトップページに掲載されるバナーやランディングページ(LP)のデザインを担当しています。

2021年の11月には、“本田翼さん仕様”のZOZOWEEKのLPをデザインしました。このとき、新卒2年目ながら、ページのディレクション全体を任せてもらいました。

最初は「できっこない」と尻込みしてしまいましたが、それでも信じて任せてくれたところに会社の懐の深さを感じました。その期待に応えたくて必死に頑張った経験は、私を大きく成長させてくれたと思います。

印象に残っている自事(※)は、ほかにもたくさんあります。その中でも、強く思い出すのはZOZOTOWNの公式キャラクター「猫箱マックス」のGIFアニメーションの作成です。

ZOZOTOWNでお買い物をしていただくと、購入手続きが完了した旨をお知らせする画面に、「ARIGATO!」と表示されます。そこでは箱猫マックスがZOZO箱を抱えて慌ただしく走るのですが、このGIFのデザインを私が担当しました。

たくさんの方の目に触れるものですし、ZOZOTOWNを利用していただいた感謝を伝えるためのページです。プレッシャーもあり、最初はなかなかアイデアが浮かびませんでした。

それでも納得のいくデザインを描けたのは、上司が根気強くサポートしてくれたから。

無事にデザインがリリースされたときは、あまりに嬉しくて母に連絡してしまいました。画面のスクリーンショットを撮って、SNSにもアップしました(笑)。

(※)ZOZOでは、仕事のことを「仕事(仕えること)」ではなく「自事(自然なこと)」であるという意味を込めて、「自事」と表記します。

ZOZOは、個性が重なり合った集合体

私はZOZOの、自分らしさを持ったスタッフが大好きです。

ZOZOのスタッフはみんなユニークで、それぞれが自分の信念を持っています。「個性がぶつかってしまうのでは?」と思うかもしれませんが、自分以外のスタッフを心からリスペクトする文化があるので、不協和音が生まれることは多くありません。

それぞれの個性が重なり、調和して、一つの集合体になったのがZOZOです。「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」という企業理念に向かい、スタッフ全員で手を取り合う。この結束力が、ZOZOの強さだと思っています。

人を信じる社風は、入社面接のときから感じていました。

デザイナーの面接は、ポートフォリオをお見せしながら、アウトプットを起点に話をするのが基本です。でも、ZOZOの面接では、開始数分後にポートフォリオを閉じて、私自身の考え方や感性に関する話を聞いてくれました。

「どんなものをつくれるのか」ではなく、「どんな人なのか」に耳を傾けてくれて、「本当に人想いな会社なんだな」と感動したことを覚えています。

自分にしかつくれないデザインで、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

これからは、「自分にしかつくれないデザイン」をどんどん生み出していきたいです。

ZOZOは、ありきたりなものをつくることを良しとしません。「その人ならではの感性を生かすことが、ZOZOらしさを生む」とスタッフ全員が信じているので、どんなときもオリジナルな価値を発揮することが求められます。

「自分にしかつくれないデザイン」を追求することは、デザイナーにとっての喜びです。それを自事で、なおかつZOZOTOWNというたくさんのお客様に届けられる環境で実践できるなんて、こんなチャンスは滅多にないと思っています。

未熟さを痛感する機会も少なくないですが、私はZOZOで、自分の可能性を最大限に解放したい。自分にしかつくれないデザインで、ファッションとファッションを愛する人とをつなぎ、世界中に笑顔を届けていきます。

1/1 ページ