サイト内を検索する

田村 有

会社に愛を、サービスに誇りを

ZOZOに入社したきっかけは、自分の自事(※1)や携わるサービスに誇りを持つ仲間たちと、世の中にポジティブな影響を与えられるような事業・サービスづくりが出来ると思ったからです。
私はZOZOに入社するまでマーケターとしてキャリアを歩んできましたが、職業柄、事業づくりの“ど真ん中”で仕事をする機会はそう多くあり ませんでした。一方で、過去のキャリアを経て、個々人のスキルアップやキャリアアップだけを目的とせず、「いいものをつくる」ことに真摯に向き合うスタッフの多い会社で働きたいと強く思うようになりました。
サービスの魅力をお客様に届けるだけではなく、事業そのものをつくりたい。そして自分のことよりも社会のことを、そして仲間のことを想うスタッフたちと、一緒に事業をつくれないか。そんなことを考えているときに出会ったのが、ZOZOでした。
ZOZOのスタッフは、会社のことが大好きで、自社のサービスに誇りを持っています。それを照れずに口に出すまっすぐな人間性に「こんな会社があるのか」と、私は衝撃を受けました。
これまでは、いちファッション好きとして外から見ていたファッション業界ですが、服を選び、纏う体験はその人をポジティブにしてくれると感じていました。その中でも、社会人になってから得た「いいものをつくりたい」という想いが体現できるZOZOなら、“自分ならではの自事”ができるのではないか。——そう確信して、入社を決めました。
(※1)ZOZOでは、仕事のことを「仕事(仕えること)」ではなく「自事(自然なこと)」であるという意味を込めて、「自事」と表記します。

ファッションの魅力を、もっともっと

現在は、グループ事業戦略本部のシナジー推進部に所属しています。ヤフー株式会社やPayPay株式会社をはじめとする、Zホールディングスのグループ各社と連携したプロジェクト全般のマネジメントが私の自事です。
業務範囲は限定されておらず、ZOZOの顔としてフロントに立ち、プロジェクトの企画・実行だけでなく、開発ディレクションやリリース後の進行管理まで、様々な部署と連携しながら幅広い業務を担当しています。
会社や部署を跨いでプロジェクトを進めていく経験を多くできていることで、視点を切り替えつつコミュニケーションを密に図りながらプロジェクトを推進するスキルを養うことが出来ています。
現在の業務を担当するようになってから最も記憶に残っているのが、2020年の8月に「ZOZOTOWN」にキャッシュレス決済サービス「PayPay」を導入したときのことです。(※2)
「PayPay」を導入完了した直後からTwitterのタイムラインを眺めていたのですが、「待ってました!」「便利になった!」という声が続々と寄せられ、自分の自事がたくさんのお客様の生活に届いていることが実感できて、心から嬉しくなりました。
「ZOZOTOWN」の年間購入者数は1,000万人近く、ファッション業界でも有数のユーザー数を誇るサービスです。そんなサービスに携われること自体が稀有な経験だと思っていますが、さらにZホールディングスグループ入りしたことで、例えば「LINE」や「Yahoo! JAPAN」などのサービスを利用するお客様にもファッションの魅力を届けられるようになりました。
これだけ多くの人にファッションの魅力を届けられる経験は、ZOZOでしか実現できないことだと確信しています。 (※2)ZOZOTOWNでキャッシュレス決済「PayPay」が利用可能に!
(https://corp.zozo.com/news/20200821-11276/)

どんなときも“ZOZOらしさ”全開で

私はZOZOの、数字と感性のバランス感覚が好きです。たとえ数字が伸びそうな施策があったとしても、「ZOZOらしくないからやめよう」「それはカッコよくないんじゃない?」と考え直すこともあり、常に“ZOZOらしさ”を大切にしています。
一般的に、新しい施策を考えるときには、数字の達成こそが正義と捉えられることが多いかもしれませんが、ZOZOでは必ずしも数字だけで意思決定することはありません。
ときに、数字の合理性だけにとどまらない「ソウゾウのナナメウエ」(※3)をいく発想で、お客様をアッと驚かせる施策を実施することもあります。このユニークさこそが、ZOZOの強さです。
Zホールディングスと連携することで、グループ各社独自の武器を取り入れ、ZOZOは日々進化しています。しかし、創業時から続くZOZOのカルチャーがなくなることはありません。
前例がない挑戦にも臆さないオリジナリティを大切にしつつ、日本を代表するグループ各社と新たな価値を共創していく。
そんな毎日は、自事という言葉では表現しきれないほどエキサイティングです。
(※3)ZOZOでは、ZOZOらしさを表現する標語として「ソウゾウのナナメウエ」を掲げています。

想いの橋渡しで、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

私は想いの橋渡しで、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」の実現に貢献したいと思っています。
シナジー推進部の自事は、会社や部署をまたいだプロジェクトが大半です。会社や部署、個人によって、大切にしたい想いは様々。そして、そのどれもが正解です。
私のミッションは、それぞれの想いを尊重し、誰もが妥協をすることなく、自分が信じる自事に熱中できる環境をつくること。いうなれば“翻訳家”として、ステークホルダーの想いをつないでいくイメージです。
ZOZOに入社して、関わるスタッフ全員の個性が発揮されてこそ、ミッションを実現できるのだと知りました。その意味で、橋渡し役を担う私の自事は、ZOZOのみならず、Zホールディングス全体を支える重要なポジションだと考えています。
自分の自事に誇りを持つ仲間たちの力を結集していけば、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」という壮大な企業理念も、本当に実現できると信じています。

藤井 裕樹

“今よりもきっと面白い未来”に胸を躍らせて

ZOZOに入社する以前は、家電メーカーに11年間ほど勤めていました。転職のきっかけは、「いつも利用しているZOZOTOWNは、どんな会社が運営しているんだろう?」と、たまたま求人をチェックしたことです。
仕事が楽しく充実した毎日を送れていたので、それまで真剣に転職を考えたことはありませんでした。ただ「このままメーカーでの仕事を極めるのか、あるいは違う世界に飛び出すべきか」と、漠然と考えることはあったんです。そんなタイミングでZOZOに出会い、「今よりもきっと面白い未来が待っている」と直感して、面接を申し込みました。
面接では、人自(※1)との会話からたくさんの魅力をうかがい知ることができました。たとえば、個人を尊重する自由な社風。そして、部署や役割を超えて協力し合うスタッフの姿。「働く」のイメージもガラッと変わり、思い切って転職を決めました。
(※1)ZOZOでは、人事部のことを「人事(ひとごと)」ではなく、スタッフ一人ひとりが他人の事も自分の事として考えるという意味を込めて、「人自部」と表記します。

「やってみよう」の精神で、想像を超えるキャリア

現在は計測事業本部に所属し、ファッションテック領域で新サービスを生み出す自事(※2)をしています。これまで、体型サイズを正確に計測する「ZOZOSUIT」の立ち上げや、ミリ単位で足の3Dサイズが測れる「ZOZOMAT」の開発を手がけてきました。
3D技術に関しては素人だったのですが、当時の取締役に「一緒にやろう」と声をかけてもらい、ゼロから勉強して今に至ります。自分にできるか分からない“専門外の領域”に挑戦するのには勇気が必要でしたが、今となっては正しい選択ができたと思っています。「とりあえずやってみよう」の精神で飛び込んだ結果、想像もしなかったキャリアを歩むことができました。
私はやりたいことを明確に持っているわけではなく、世の中に価値あるサプライズを提供したり、困っている人をサポートしたりするのが好きなタイプです。そんな自分にとって、驚きにあふれた企画でユーザーに価値を届けるZOZOは、やりがいに溢れた環境だと感じます。これからもお客様に自分の自事を通じて価値を届けられるかと思うと、毎日の自事に心が躍りますね。
(※2)ZOZOでは、仕事のことを「仕事(仕えること)」ではなく「自事(自然なこと)」であるという意味を込めて、「自事」と表記します。

ZOZOスタッフの顔が、いつも輝いているワケ

私はZOZOの、一人ひとりの個性を尊重する社風が大好きです。服装や髪型は自由ですし、年次や役職にとらわれずに発言できる文化があります。その安心感から思い切ったアイデアを提案することができますし、きっとそれによって会社が大きく成長してきたのだと思います。
私の経験からしても、無茶ではない限り、提案が否定されることはほとんどありません。「それいいね!」「やってみなよ」と背中を押してもらえるので、一緒に働くスタッフの顔がイキイキとしているんだと思います。

服選びの常識を変えて、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

私は服選びの常識を変えて「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」に貢献したいと思っています。自分の自事が何のために存在しているのかを追求すると、「世界中の人たちが、自分に似合う服を見つけるため」という結論にたどり着くからです。
自分に似合う服を着ることで、カッコよく、そして笑顔になれると本気で信じています。そう考えると、自分にぴったりの服選びをサポートする私の自事は、ZOZOの企業理念に直結するものです。
人生を楽しみ尽くすには、人の心を動かす「カッコいい」という感情と、笑顔が不可欠。僕は世界からサイズの悩みをなくし、服選びの常識を変えることで、人生を楽しむ人を増やしていきたいと思います。

1/1 ページ