サイト内を検索する

桐山 慎一郎

好きを自事にする社風に惹かれて

学生時代は「自分が興味のある分野で働きたい」「ファッション業界が少し気になるな」と、漠然と考えながら就職活動をしていました。そんなときに、出会ったのがZOZOでした。当時は、まだまだ会社が小さかったですが、社風に惹かれて入社を決めました。
さまざまな会社を見ていた中で、当時ZOZOが新卒採用サイトで発信していた“好きを自事にする”(※1)というメッセージが、自分の考えていることそのものだと感じ、心に刺さったんです。
また、選考過程で会社見学をする機会があったのですが、その時に見かけた社員が本当におしゃれで、自由に働いている雰囲気をすごく感じて。まさに好きなことを自事にしている会社だと思いました。スケーターファッションの社員が、オフィスで本当にスケートボードをしていたのには、びっくりして、よく覚えていますね(笑)。
会社も順調に成長を続けていて、この自由な社風こそが新しい事業やサービスを生み出し、成長の鍵になっているのだろうなと実感しました。
(※1)ZOZOでは、仕事のことを「仕事(仕えること)」ではなく「自事(自然なこと)」であるという意味を込めて、「自事」と表記します。

自分たちが創りあげていく「ZOZOBASE」

入社後は、物流拠点の「ZOZOBASE」で働いています。はじめの5年間は、ZOZOTOWNの商品画像の撮影業務を担当し、その後、現在の戦略部に異動しました。
戦略部は、ZOZOBASEの省人化企画や拠点拡張計画、拠点内のシステム改修の立案などを担う部署です。直近は、2023年の新拠点の稼働に向け、省人化を実現するための機器導入を検討しています。(※2)
戦略部の業務は、ZOZOBASEを一から企画して仕組みを創りあげていくという規模の大きい業務です。だからこそ、ZOZOBASEと、そこで働くスタッフを自分たちが支えているという自負があります。この規模感で一つのものを創りあげる経験は、何物にも代えられません。
これまでの中で特に印象的だったのは、ZOZOBASEつくば2の立ち上げです。
どんな物流拠点にするか、初めて一から自分で企画し、営業や分析部門、ZOZO研究所(※3)のメンバーにも協力してもらいながらプロジェクトを進めました。建物の動線計画をはじめとしたハード面と、どのブランド様の商品を新拠点へ入荷していただくかというソフト面の両面からゼロベースで企画したので、特に思い入れがありますね。
(※2)ZOZO、2023年8月稼働開始予定の新たな物流拠点『ZOZOBASEつくば3』で自動化を推進
(https://corp.zozo.com/news/20220128-17647/)
(※3)ZOZO研究所は、「ファッションを数値化する」をミッションに掲げるZOZOグループの研究機関です。ZOZOグループが保有するファッションに関する膨大な情報資産を基に、ファッションを科学的に解明するための研究開発を行っています。

2023年に稼働開始予定の新しい物流拠点「ZOZOBASEつくば3」

論理と感覚の掛け合わせで、ZOZOBASEの進化を先導する

ZOZOには、論理的な視点と感覚的な視点を兼ね備えたスタッフが多くいます。
物流の分野は、日進月歩で新しいソリューションが出てきますし、特にアパレルは扱うのが難しいと言われる商材の一つです。だからこそ常にアンテナを張って、最適なソリューションを考え続けなければいけませんが、それだけではダメなんです。
例えば、ZOZOBASEに新しい機器の導入を検討する際、論理的にはベストだと思う選択肢でも、「それによって、スタッフがより業務をしやすくなるか?」と、現場で機器を扱うスタッフと同じ感覚をもって考えてみることが大切で、ZOZOにはその両方の視点を掛け合わせ、最終的な意思決定できる人が多いと感じています。そして、その意思決定には、いつも納得感があります。
物流は常に変わり続けているので、ZOZOBASEも進化し続けなければいけません。私も、常にアンテナを高く張りながら、同時に自身の感覚も研ぎ澄ませ、ZOZOBASEの進化を先導できるようになりたいと考えています。

共創力で、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

私は共創力で、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」に貢献していきたいと思っています。
ZOZOBASEの仕組みを創りあげる自事は、決して、私一人で成し遂げられるものではありません。チームメンバーの一人ひとりが、自分ならではのエッセンスを織り交ぜながら企画して、それを最後に組み合わせて出来上がるのがZOZOBASEです。
取引先の方々も含め、多岐にわたる方々と共に、チームとして一つの物流拠点を創り上げていくこの自事が楽しいですし、これこそが醍醐味だと感じています。
これからも、ZOZOTOWNをご利用いただくお客様やZOZOTOWNに出店いただくブランド様、ZOZOBASEで働くスタッフに寄り添った、ZOZOBASEの仕組みをチームの力で創りあげていきたいと考えています。

五十嵐 祥

3度目の正直で、アルバイトから正社員に

ZOZOには、物流拠点・ZOZOBASEのアルバイトを経て正社員として入社しました。もともと美容師をしていたのですが、自分自身の腕を磨くことより、日々チームで協力するような仕事に興味を持つようになり、美容師からの転職を考えるようになりました。
そんなときに出会ったのが、ZOZOBASEの求人でした。人と人とのつながりを大切にしている雰囲気が伝わってきましたし、何より服が大好きなので、自分にぴったりの職場だと思いました。
アルバイトで入社した理由は、もともとZOZOで正社員として働く考えがなかったからで、実は「ZOZOで働くのは次の職場が見つかるまで」と決めていました。ただ、働くうちに、自事(※1)の面白さやスタッフの優しさに触れ、いつしかZOZOで長く働き続けたいと思うようになっていました。
正社員登用試験には3度チャレンジし、3度目の正直で内定をもらいました。電話で合格の知らせを聞いたときは、嬉しさで手が震えましたね。一緒に業務を担当していた社員も祝福してくれて、ZOZOで働く道を選んで本当に良かったと思いました。
(※1)ZOZOでは、仕事のことを「仕事(仕えること)」ではなく「自事(自然なこと)」であるという意味を込めて、「自事」と表記します。

お客様に笑顔を届ける、合言葉は「スマイルデリバリー」

現在はZOZOBASEで、主に商品の発送を行うセクションで働いています。ブランド様から受け取った商品を、無事にお客様に届けることが僕たちの役割です。
自事をする上で大切にしているのは、「お客様の笑顔は僕たちの自事にかかっている」という気持ちです。ZOZOBASEはZOZOTOWNの玄関口なので、どれだけオフィスのスタッフが頑張ってくれていても、僕らがミスをしてしまえば、お客様を笑顔にすることができません。そのくらいの覚悟を持って、一つひとつの商品を本当に大切に送り届けられるよう努めています。
正社員だけではなくアルバイトの方も一緒に働いていますし、年齢もバックグラウンドもさまざまです。全員が同じ気持ちで自事に取り組めるように、日々自分たちの自事の意義を伝え、誇りを持って働ける環境づくりを意識しています。

本当に大切なことに、迷わず真摯に

ZOZOの好きなところはたくさんありますが、一つ挙げるとしたら、人の魅力に尽きます。社員になりたいと思ったきっかけも、僕の人生を自分のことのように応援してくれた社員の姿に感銘を受けたからです。
人の魅力を感じたことの一つに、僕がまだアルバイトだった頃、社員に自事のスタンスを説かれたエピソードがあります。
自事に慣れてきて、一生懸命さを失ってしまっていた頃のこと。「君たちにとっては何万件とある発送の中の一つに過ぎないかもしれないが、お客さんにとっては大切な一つのお買い物なんだ」と声をかけてもらい、ハッとしたんです。たしかに、たった一つのミスで、その人の素敵な一日を台無しにしてしまうかもしれません。
その言葉を今でもずっと大切にしています。今度は僕が、この自事の意義を後輩に伝えていける存在になりたいです。

発送の力で、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

僕は発送の力で、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」に貢献したいと思っています。
“ZOZO箱”(※2)が届いて、服を取り出した瞬間に、思わず笑みがこぼれる。そんな瞬間をつくるために、僕たちの自事があります。小さな幸せかもしれませんが、その積み重ねこそが、企業理念の実現につながっていくはずです。
自分の自事は、誰かの人生にとって、かけがえのない一日を創り出している。そう信じて、みなさんのもとへ心を込めて商品をお届けしていきます。
(※2)ZOZOでは、ZOZOTOWNで購入した商品の配送箱を「ZOZO箱」と呼んでいます。

下坂 朋矢

仕事とプライベートを、トレードオフの関係にしない

学生時代は、「とにかく仕事が最優先の環境で働く」か「プライベートを全力で充実させる」かの二者択一で就職活動をしていました。そうでなければ、中途半端なキャリアになってしまうと考えていたからです。そのため、業界は絞らずに、不動産業界やアパレル業界など幅広く見ていましたね。
そうした考えを持っていたなかでZOZOを選んだのは、掲げていた二つの軸の両方を満たせると感じたからです。ZOZOは“とにかく自事(※)が最優先の環境”というわけではありませんが、選考を通じて「社員を大切にする会社」だということがひしひしと伝わってきました。人の良さも感じられ、ZOZOでなら、毎日の自事に一生懸命に取り組めるだろうと確信したんです。
また、自事とプライベートを切り分けるのではなく、自事を通じてプライベートを充実させようという会社の意向も感じられました。残業時間を減らす取り組みに本気だったり、福利厚生が充実していたり。「きっと毎日、幸せな時間が過ごせるだろう」と直感し、入社を決めました。
(※)ZOZOでは、仕事のことを「仕事(仕えること)」ではなく「自事(自然なこと)」であるという意味を込めて、「自事」と表記します。

ZOZOBASEから生み出す、世代を超えた“グルーヴ感”

入社してからずっと、物流拠点・ZOZOBASEで働いています。ZOZOBASEには、毎日膨大な数の商品が入荷します。その商品を最良の状態かつ迅速にお客様のもとにお届けすることが私たちのミッションであり、およそ100名のアルバイトスタッフのマネジメントが、現在の私の自事です。
お客様へ最良の状態かつ迅速に商品をお届けできれば、「ZOZOの対応は素敵だ」と喜んでいただける。つまり私たちの自事は、ZOZOのファンを増やす役割も担っているんです。
入社した当時は、ZOZOBASEで働くイメージがぼんやりしていたのですが、今はZOZOBASEでの自事を通じ、人間力が磨かれている事を実感しています。正社員スタッフだけでなく、世代の異なるアルバイトスタッフのみなさんと一緒に働くので、「下坂についていこう」と思ってもらえるよう、入社してからずっと、信頼関係を築くことに本気で取り組んできました。
今では職場に「お客様に笑顔を届けるんだ!」という一体感を感じられるようになり、仲間と協力しながら成長していけるZOZOBASEでの自事に、誇りを持っています。

早く行くなら一人で、遠くに行くならみんなで

私はZOZOの、他者を受け入れ、協力し合う姿勢を持ったスタッフが大好きです。入社して間もなく、上司に「一人では、船を動かせない。帆を上げる人や操縦士、航海士、いろんな役割の人が協力してはじめて、船が動くんだ」と教わりました。ZOZOで働くスタッフはみんな、そんな意識を強く持って自事に臨んでいます。
自分一人が売上に貢献したところで、ZOZOが目指すゴールにはたどり着けません。その事実を、誰もが共通認識として胸に刻んでいると思います。だからこそ、困っている人を見過ごすことはしないし、仲間の成長を全員で喜ぶんです。
たとえば社員登用試験を受けるアルバイトスタッフがいたら、選考書類の書き方だけでなく、キャリアを考える上で欠かせない自己分析から、一生懸命にサポートします。それくらい、仲間を大切にする会社なんです。
もし「ZOZOで働きたいんだよね」という人がいたら、胸を張って「ZOZOはいい会社だよ」と伝えられます。

ZOZOBASEで働く人で、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

私はZOZOBASEで働く人で、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」に貢献したいと思っています。
ZOZOBASEでの自事は、お客様とブランド様をつなぐ懸け橋であり、いわばZOZOTOWNの心臓です。そうした意味で、企業理念の最前線に立つ存在だと思っています。
マネジメントをする立場として誇らしいのは、スタッフのみんなが企業理念を体現しながら働いていることです。ZOZOBASEで働くスタッフは、自分の好きな服を着て、お客様の顔を思い浮かべながら、笑顔で自事をしています。
これからも成し遂げていきたいことはたくさんありますが、何より「ZOZOはいい会社だよ」と、ZOZOBASEで働く全員が、胸を張って自慢できる環境をつくっていきたいと思います。

1/1 ページ