サイト内を検索する

谷嶋 布美子

せっかちな私の夢を叶えた、新卒ZOZOというキャリア

高校生の頃からインテリアのバイヤーに憧れていたのですが、「バイヤーになるには長い下積み期間が必要になる」ことを知り、せっかちな私は新しい選択肢を探していました。そんな矢先に出会ったのが、ZOZOです。
ZOZOTOWNは当時、知る人ぞ知るサービス。インテリアを扱う会社ではありませんでしたが、自分の考えを柔軟に提案できる雰囲気が伝わってきたことから、入社を決めました。説明会に参加し、「自分のやりたいことに真っ先に挑戦できるのは、ZOZOかもしれない」と感じたんです。
実際、入社後は希望通りバイヤーとしてキャリアをスタートし、ZOZOTOWNにショップをオープンする経験もできました。夢だったインテリアの買い付けにも挑戦することができたので、「私の直感は間違っていなかった!」と誇らしい気持ちです。

地域と暮らし、地域と成長する会社を目指して

私は現在、コーポレート・アイデンティティ(CI)室のフレンドシップマネージメント部に所属しています。10年近くブランド様と関わる自事(※)をしていたのですが、自分が関わる世界を変えてみようと、社内公募を利用して異動してきました。
スタッフ同士のコミュニケーションを活発化したり、本社を置く千葉の自治体とリレーションを構築したり。「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」という企業理念を実現するために、社内と社外の垣根を超え、ステークホルダーと「友だちのような関係性を築くこと」が私たちの自事です。
私たちが担当する業務の中で、特に「ZOZOならでは」だといえるのが、地域との深いつながりをつくるアクションです。私たちは「地域あっての会社」という想いを持っているので、地域を盛り上げながら、そこに住む人たちと一体となって会社を育てていこうと考えています。
いつかこの考え方がお手本として日本中に広まり、「ZOZOっていいよね」「真似してみよう」と言われることが目標です。
(※)ZOZOでは、仕事のことを「仕事(仕えること)」ではなく「自事(自然なこと)」であるという意味を込めて、「自事」と表記します。

違いを受け入れ、尊重するのが「ZOZOっぽさ」

私はZOZOの、違いを受け入れるカルチャーと、それを体現するスタッフが大好きです。競争を望まず、誰かを傷つけることをしない。誰にでも愛を持って接する姿勢があり、本当の意味での優しさを日々感じています。
私はこのカルチャーを「ZOZOっぽい」と表現することがあります。ZOZO歴が長いスタッフはもちろん、中途で入社したスタッフも、働くうちにZOZOっぽい雰囲気になっていくんです。成長の原動力であるチームワークの良さは、この「ZOZOっぽさ」に由来すると思っています。

フレンドシップで、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

私はフレンドシップで、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」に貢献したいと思っています。
ZOZOが世界中に笑顔を届ける企業になるには、まずはZOZOで働くスタッフが笑顔にならないといけません。そのために、私たちが率先して社内のフレンドシップを構築していく必要があります。それができたら、今度はそれを社外へと発信し、新たなフレンドシップをつくっていく。そうやって、私たちが信じる価値観や伝えたい想いを丁寧に伝えていければ、本当に世界平和を実現できると思っています。
事業成長はもちろんですが、社会とのフレンドシップなくして、企業理念の実現はあり得ません。いつか来る実現の日を信じて、まずはここ千葉から、ZOZOとみなさんの素敵な関係をつくっていければと思っています。

野里 新之助

“自分らしさ”を追求する場所に、ZOZOを選んだ理由

僕にはもともと、どういう仕事がしたいか、明確なイメージはありませんでした。
ただ、就職活動を控えたタイミングで出会ったある本に「自分の身に着けるものを、自分の感性で選ぶという思考の機会を失ってはならない」と書かれていました。自分の頭で考えることの重要性が説かれていたんです。
それまでの僕といえば、「安定した職業に就ければいいかな」くらいしか、会社選びに対する基準がありませんでした。でも、「それじゃ面白くないよな」と考え直すようになって。
仕事は、人生のうち、大半の時間を費やすものです。そうであれば、楽しく働きたい。——そうした考えの変化を経て出会ったのが、ZOZOでした。
説明会に参加すると、スタッフのみなさんが自由な発想で働き、自分たち“らしさ”を追求していることがよく分かりました。いい意味で会社っぽさがなく、そこには“ZOZOらしさ”があったんです。
そんなスタイルに少しずつ惹かれていき、ZOZOで働く意思を固めました。最終面接では「たとえば服選びを家族に任せているような人にも、自分の意思で服を買って、ファッションを楽しんでもらえるような社会にしたいです」と伝えました。この時本気で「全ての人が自分らしく生きていける社会になればいいな」と思い、ZOZOならその後押しができると信じて疑いませんでした。

“応援したくなる会社”を目指して

現在は、法務部のコーポレート法務ブロックに所属し、株主総会・取締役会の運営、株式実務、グループ会社の管理などを担当しています。
「ZOZOはスタッフが自由な発想で働いている」とは言いましたが、ZOZOは多くのステークホルダーを抱える企業です。アッと驚くアイデアや、独自の視点で事業を成長させながらも、「締めるところは締める」必要があります。
その役割を果たすのが、法務部です。細かい業務を挙げるとキリがありませんが、法務部の自事(※)をひと言で表現するなら、「アクセルとブレーキのバランスを取りながら、ステークホルダーの皆様に応援される会社をつくる」ことだと思っています。
例えば過去の株主総会では、ミリ単位で足の3D計測ができる「ZOZOMAT」を持ち込み、株主の皆様の足のサイズを計測してオリジナルの靴下をプレゼントしました。そのときに「いいサービスだね」「応援しているよ」という声をかけていただけたことが、すごくうれしくて。
株式事務や取締役会の運営等が主たる業務ではありつつ、株主様と良好な関係を構築していくお手伝いをするのも、法務部の存在意義なんです。
(※)ZOZOでは、仕事のことを「仕事(仕えること)」ではなく「自事(自然なこと)」であるという意味を込めて、「自事」と表記します。

仲間想いの会社だから、自事が楽しくなる

私はZOZOの、海のように広い心を持ったスタッフが大好きです。自事の相談をしたときに嫌な顔をされた経験は一度もないですし、新しく入社したスタッフのみなさんは「優しい人ばかりですね」と口を揃えます。ZOZOはとにかく、人がいい会社なんです。
ZOZOには、個人の利益のためだけに競争するような精神がありません。競い合うのではなく、むしろ共創することで、スタッフを含むステークホルダー全員の幸福を追求するZOZOの文化が肌に合い、毎日会社に行くのが楽しみなほど、心から自事を楽しめています。
また、法務として自事をするうえで、仲間想いのZOZOで働けることは、これ以上ないくらいにありがたい環境だとも思っています。
法律やルールは日々アップデートされていくものなので、必ずしも知識だけが武器になるわけではありません。むしろ、変化に合わせて、周囲を巻き込んで対応していく力が重要です。
ZOZOのスタッフは非常に協力的で、部署や職種の垣根を超えてサポートしてくれます。こちらからの問いかけに、二つ返事で協力してくれるんです。
ZOZO以外の会社で働いたことはありませんが、これほど自事がしやすい会社は他にないのではないかと思うくらい、働きやすさを感じています。

歩み寄る力で、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

私は歩み寄る力で、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」に貢献したいと思っています。
ZOZOはスタッフ同士が共創し、ときに独創的なアプローチで社会を驚かせるような、独自のカルチャーを持った会社です。僕は、それが“ZOZOらしさ”だと思っていますし、なくしてはいけないオリジナリティだと考えています。このカルチャーを尊重し続けるためには、強固なガバナンスの体制と仕組みを維持していかなければいけません。そのために、日々接する方々に歩み寄り、まず耳を傾けることを意識しています。
将来的には、法務部での経験を重ねつつ、マネジメントとしてチームを引っ張っていく存在になりたいですね。
お客様やブランド様にとって素晴らしいサービス・会社であり続けることはもちろん、働く仲間たちにとっても素晴らしい環境であってほしい。そのためにも、ZOZOを支える屋台骨として、今後も会社の成長に貢献していきたいと思います。

今村 愛

働くことを楽しむ大人たちに、ロックオン

私がZOZOに入社した理由は、スタッフが「働くことを心から楽しんでいる」と感じたからです。私はもともと学生時代から働くことが好きで、就活のときも自分にあう会社で楽しく働きたいという気持ちが強くありました。会社説明会には、「ファッションが好きなので、アパレル業界への入社も考えている」くらいの温度感で参加したのですが、その日に「絶対この会社で働く!」と決意しました。
ZOZOの説明会には、他社の説明会で感じられなかった、働くことを全力で楽しむ雰囲気が感じられたんです。
当時はまだまだ小さい会社だったので、実は友人や親族に心配もされました(笑)。でも、「もし内定をもらえなくても、アルバイトとして入社して社員登用試験を受ける」と宣言し、ZOZO一本で就職活動をしました。あれから10年が経った今もZOZOで働いているので、私の直感は間違っていなかったんだなと感慨深い気持ちです。

ZOZOの魅力を届ける“伝道師”として

入社してからずっと人自部(※1)に所属し、現在は新卒採用ブロックの責任者を任せてもらっています。採用計画の立案から、内定者フォローまで、一連の流れを全て担当しています。
人自は経営に直結する「人」に関わる自事(※2)のため、強いやりがいを感じています。正解がないことを考え続けるのは大変ですが、会社や働くスタッフの魅力を採用活動を通じて伝えることで、ZOZOに興味を持ち、好きになってくれる人が増えていく。そして新たな仲間が入社し、会社や人の成長につながる。直接事業に関わる部署ではありませんが、ZOZOが好きな私にとって、かけがえのない喜びを感じることができる自事です。
(※1)(※2)ZOZOでは、「人事」のことを「人自」、「仕事」のことを「自事」と表記します。これには「人事(ひとごと)」ではなく、スタッフ一人ひとりが他人の事も自分の事として考えるという意味と、「仕事(仕えること)」ではなく「自事(自然なこと)」であるという意味が込められています。

「Be unique. Be equal.」な会社であること

※2018年12月撮影

私はZOZOの、仲間を大切にするスタッフみなさんのことが好きです。
会社ロゴのコンセプトにも表れていますが、ZOZOは「みんなちがうけど、みんないっしょ」という考え方を大切にしています。私自身、「全ての人は対等である」というスタンスで自事をしているので、役職や年次はただのラベルにすぎません。「同じ目標に向かって手を取り合うからこそ、会社が成長していくんだ」と感じています。
「あなたができないことは私が、私ができないことはあなたが」と、協力しあう心を忘れない仲間たちがいるからこそ、毎日を楽しく過ごせているんだと思います。

楽しく働くを追求して、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

私は楽しく働くを追求して、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」に貢献したいと思っています。
かつての私がそうであったように、「働くことを楽しむなんて、できっこない」と思っている人が少なからずいると思います。でも私たちZOZOは、困難も含めて自事を楽しむことができていて、それにより会社を大きく成長させてきました。
「メンバー全員が楽しく働いて、会社を成長させていく」ことを私たちが体現し続ければ、それを真似してくれる会社は少しずつ増えていくはず。つまり、笑顔の数が増えていくということです。
そのために私ができることは、ZOZOのWORKSTYLEとして根付いている「楽しく働く」を追求すること。人間くさく、地に足をつけ、等身大の姿で働くことを楽しんでいきたいと思います。

1/1 ページ