サイト内を検索する

谷口 明夏

自分の「好き」を追求して

学生の頃から、女の子たちが輝く姿を見るのが好きでした。日常の中で女の子がオシャレを楽しめる場が少ないと感じたことから友人とサークルを立ち上げ、カフェを貸し切ったり企業やサロンなどにも協賛をしていただき、周りの目を気にせず思いきりドレスアップやメイクをできる「女の子が輝く場」を提供するイベントの企画などをしていました。
就職活動をはじめた時も、自分の好きなことに携わりたいと思い「自分の『好き』ってなんだろう」と突き詰めたとき、やはり女の子が輝く手助けができる仕事がしたく、特にファッションやコスメの業界を志望しました。
そしてインターネットの力を使って多くの人の笑顔につながる仕事をしたいという想いから「WEBでの販売」にこだわり、行きついた先が「ZOZOTOWN」でした。
これまでもZOZOTOWNのことは知っていましたが、「そういえばZOZOTOWNってどんな会社が運営しているんだろう」と思い、まだ社名がスタートトゥデイだった頃の会社サイトを見たときに、当時の代表取締役のコメントや企業理念、社員のインタビューなどを見て、直感で「この会社に入りたいし、この会社じゃないと嫌だ!」と思いました。元々直感で動くタイプだったので、ほとんど一目惚れに近かったです。
就職活動中は、他の会社にもエントリーはしましたが、ZOZOで働きたい気持ちが強すぎて、他の会社の面接で「第一志望ですか?」と聞かれた時もうまく取り繕えず・・・ ZOZOで働けるなら、他社は受からなくても良いと思っていたので、ZOZOの最終面接でも、当時の社長に「嘘がつけなくて他の会社には落ちました」と伝えました(笑)。その想いが通じてか、ZOZOで自分の「好き」を追求する日々が始まりました。

世界中へゴルフの「ワクワク」を届けるために

私は現在、ZOZOがメインタイトルスポンサーを務めるゴルフの世界大会「ZOZO CHAMPIONSHIP」の運営に携わるマーケティング本部のゴルフ事業部に所属しており、主に公式SNSや公式サイトの運用など、大会のPRに関わる自事(※)をしています。
公式サイトやSNSは、大会に関する情報発信はもちろんのこと、お客様とつながるための大切なツールです。大会に足を運んでくださるお客様だけではなく、国内外の多くの方にZOZO CHAMPIONSHIPについて知ってもらい、ワクワクしてもらえるよう、どうすれば日頃からお客様とより接点を持つことが出来るかを考えています。
また、ゴルフの競技人口は男性の方が多いのですが、ZOZOTOWNユーザーの多くを占める若い女性にも興味を持っていただくことにも取り組んでいます。私自身も趣味としてお休みの日にゴルフを楽しんでいますが、どうすればもっと女性にもゴルフを知ってもらい、楽しんで貰えるか日々考えを巡らせています。
そんな中、3回目の開催となった2021年のZOZO CHAMPIONSHIPでは、試行錯誤のうえ、SNSの投稿機能で使用できるフェイススタンプを起案したところ導入が決定!その結果、たくさんの方がスタンプを使用してSNS投稿をしてくださり、自分のアイディアがお客様の「ワクワク」につながったことを実感できました。私が好きなゴルフを通して、誰かの笑顔を生み出す自事に関われていることが嬉しく、誇りでもあります。
(※)ZOZOでは、仕事のことを「仕事(仕えること)」ではなく「自事(自然なこと)」であるという意味を込めて、「自事」と表記します。

2021年ZOZO CHAMPIONSHIPにて(撮影時のみマスクを外しています)

同じ想いをもつ仲間と、自分らしく働ける会社

新卒で入社してからの3年間はEC事業本部でZOZOTOWNの新規営業を担当しました。その後社内公募制度を利用してプライベートブランド「ZOZO」の商品企画に携わり、再度社内公募を通して現在のゴルフ事業部へと異動しました。
やりがいはそれぞれの部署で異なりますが、いつも一生に一度体験できるかどうかと思うぐらい、大きな規模の自事に携わっていると感じます。そしてそれぞれの自事には多くの部署、スタッフが関わっていますが、お客様に喜んでいただくために遊び心やかっこよさ、「粋」な面白さを探求するこだわりを持った仲間たちにいつも刺激を受けています。1つの商品開発や企画についても様々な立場や角度からの意見がありますが、どの自事に対しても「お客様に喜んでいただきたい」という軸を持っているので、迷った時にもその本質に一度立ち返ることで物事を見つめ直すことができます。多部署での経験を通し、本質を考える意味と大切さを学びました。
そして一貫して言えるのはZOZOには「いい人」が多いということ。私が思う「いい人」とは、例えばお客様に「楽しさ」や「ワクワク」を提供しようと一生懸命取り組んでいる人のことです。
私は自事をしながらも、自分自身が「楽しい」「ワクワクする」という気持ちを大事にしたいと思っていますが、社内には同じ考えを持ったスタッフが多いと思います。そんなスタッフに囲まれているからこそ、自分らしく「楽しい」や「ワクワク」を追及していきたい気持ちになります。

チャレンジ精神で、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

私はチャレンジ精神で、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」に貢献したいと思っています。
ZOZOは、世の中がアッと驚くようなテクノロジーを開発したり、世界最高峰のゴルフ大会を開催したりと、常に新しいことにチャレンジし続けている会社だと思います。
そしてそれは、社員一人ひとりの思う「ワクワク」やチャレンジに対して、その想いを活かそうとする会社の姿勢から生まれている物だと感じています。
私は、私の「ゴルフが好き」という感覚を信じながら、ゴルフ事業部として世界中に「ワクワク」を届けるためのチャレンジを続け、ZOZOのつくる未来を社員として一緒に追いかけていきたいと思っています。

石橋 竜馬

ファッションがくれる“素敵な偶然”をみなさんにも

ZOZOに入社したきっかけは、より多くの人にファッションの魅力を広めたかったからです。
私は学生の頃からファッションが大好きで、新品や古着を問わず、お店やインターネットで服を購入していました。アルバイトのお給料は全部ファッションに使うくらい、服が大好きだったんです。
特に私が夢中になったのは、ブランド古着です。学生時代はお金に余裕がなかったので、欲しい服があっても、なかなか手が届きませんでした。しかし、ブランド古着なら高価な服でも手が届く値段で見つかります。
新品だと一着しか買えない憧れのブランドのアイテムが、古着なら三着買える。もう手に入らないと思っていた昔買い逃したアイテムに、偶然出会える。着たいものを着て自分を表現できる毎日や、心が踊るセレンディピティが大好きで、ずっとファッションの世界で生きていきたいと思っていました。
そうした背景から、新卒ではブランド古着のセレクトショップに入社しました。そこではショップ店員やバイヤーを経験したほか、ECサイトの立ち上げからグロースまでを担当するなど、様々な業務に携わったことで、古着と人との「素敵な出会い」をつくれたと思います。
その経験を生かし、より多くの人にファッションの魅力を伝えられる環境を探していたところ、ご縁をいただいたのがZOZOでした。
「ZOZOTOWN」は新品だけでなく、古着アイテムも取り扱っていて、そのジャンルも幅広い。例えば、シャツとパンツは新品で、靴はユーズドのアイテムを買う……なんてこともできるわけです。
当時、一つのモールでこれだけファッションを楽しめるサービスはZOZOTOWN以外にないと感じ、「探し求めていた環境だ!」と直感したことから、入社を決めました。

「ZOZOUSED」を通じて、新しいファッション文化を創る

現在は、ZOZOTOWN上のブランド古着ゾーン「ZOZOUSED」を運営しているUSED事業部で、事業推進を担当しています。ZOZOUSEDをより多くの人に利用してもらうことが私のミッションで、予実管理をはじめ、事業拡大に求められるあらゆる業務を担当しています。
ZOZOUSEDでは、ブランド古着の販売だけでなく、ZOZOTOWNで購入したアイテムを下取りし、欲しい服をその場で割引価格で購入できる「買い替え割」というサービスも提供しています。
買い替え割は、いわばZOZOUSEDを一つのエコシステムとして育てていくサービスです。
買い替え割の認知がより広がれば、ファッションを愛するみなさんに、たくさんの服を気軽に楽しんでいただけるだけでなく、それまで知らなかったブランドとも新しく出会っていただけます。また、服が循環する取り組みを通じ、サステナブルな世界の実現にも貢献できます。
ファッション業界を見渡しても、これだけのユーザー数を抱え、これだけ膨大なデータを持っている会社はなかなかありません。強みでもあるテクノロジーの力をかけ算すれば、これまでにないリユース体験をつくれるはずです。
例えば、買い替え割でお客様が手放された商品をZOZOUSEDで販売する際に、新品時の発売日や定価などを学習データとして値付けを行う「価格予測モデル」をチームで開発しました。この仕組みの導入により、買い取りから値付け、販売までのサイクルの短縮を実現し、販売価格の設定も容易になりました。
ファッションを愛する一人として、そしてZOZOのスタッフとして、ZOZOUSED、買い替え割の認知をもっと広げて、新しいファッションの文化やサイクルを提案していきたいと思っています。

仲間とともに、ユーザーのために

私はZOZOの、お節介なくらい仲間想いなところが大好きです。仲間を思いやる気持ちが強いスタッフが多く、困ったときはもちろん、そうでないときでも、いつでも気にかけてくれます。
前職時代は、自分でタスクを抱えすぎてしまうことがありました。転職後もそのクセがあったのですが、「信頼できる仲間たちと一緒にサービスをつくっている」と心から思えるようになってから、自事(※)の進め方が大きく変化しました。
また、ユーザー目線でサービスをつくる文化が根付いているので、「上司の顔色を見て自事をする」といったこともありません。
「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」という企業理念の実現に向かって手を取り合っていますし、その手段は、自分が大好きなファッションです。毎日の自事を心から楽しめ、これほど熱中できる環境は、ZOZO以外にないと確信しています。
(※)ZOZOでは、仕事のことを「仕事(仕えること)」ではなく「自事(自然なこと)」であるという意味を込めて、「自事」と表記します。

クロスオーバーで、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

私はクロスオーバーで、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」に貢献したいと思っています。
クロスオーバーとは、ロック、ジャズ、ソウルなど様々な分野が混合した音楽を指す言葉です。転じて、異なる分野の物事を組み合わせて、新しい物事をつくり出すことを意味します。
ZOZOTOWNは、クロスオーバーをファッションの世界で実現できるサービスです。新品と古着、最新のストリートからモードのアーカイブまで、更にはファッションとテクノロジー、コスメとファッション……。組み合わせの数は、無限大です。
ZOZOTOWNを利用してくださるお客様には、あらゆる領域をクロスオーバーして、自分だけのファッションを楽しんでもらいたいと思っています。聞いている音楽、大好きな映画……影響を受けたヒトやモノによってそれぞれオシャレの定義は異なりますし、そのどれもが素晴らしく、批判されるべきものではありません。
世界中の人々が、ZOZOTOWNを利用して、感性のままに自分を表現する。そんな未来を実現することが、私の目標になっています。

橋本 彩香

インターネットに救われ、インターネット業界へ

ZOZOに転職する以前は、不動産から人材まで多様な領域でWebサービスを提供するベンチャー企業で働いていました。IT業界に進んだのは、学生の頃にインターネットに救われた経験があり、今度は自分がインターネットで誰かを幸せにしたいという想いがあったからです。
ZOZOに転職したきっかけは、より自分が好きなサービスに携わりたいと考えたことです。インターネットと自分が好きな服を掛け合わたサービスで、以前からユーザーとして利用していたZOZOTOWNを運営するZOZOに入社しました。

ZOZOで見つけた、自分の自事

現在はZOZOTOWNのプロモーションを担当する部署に所属し、広告運用を中心とするマーケティング業務を任せてもらっています。みなさんのスマートフォンやパソコンで目にしている広告は、掲載されているテキストも含めて、私が内容を考えているものも結構あるんです。
広告運用のやりがいは、数字で効果が明らかになることです。まだZOZOTOWNを利用したことがない方に魅力を伝えたり、以前利用していただいた方にまた服を買っていただいたり。「自分が運用した広告を通じて、ZOZOTOWNへの集客にどれだけ貢献できたか」が可視化されることに面白さがあります。
なかなか効果が出ないときは苦労しましたが、広告運用という一つのミッションにコミットしたことで効果が出せるようになり、ようやく「自分の自事(※)になってきた」という感覚を持てるようになりました。
(※)ZOZOでは、仕事のことを「仕事(仕えること)」ではなく「自事(自然なこと)」であるという意味を込めて、「自事」と表記します。

どんな自分でも受け入れてくれる、ZOZOが大好き

※2019年撮影

私はZOZOの、サービスと仲間を愛する“エモい”ところが好きです。ビジネスですから当然ロジカルな意思決定を下しますが、みんなの根本にあるのは、会社が大好きで、サービスが大好きで、服が大好きというエモーショナルな感情です。
サービスを愛しているからこそ、サービスが日に日に良くなっていきますし、利用してくださるお客様の数が増えているのだと思います。
それともう一つ、「どんな自分でも受け入れてくれる」ところも大好きです。人間ですから、ダメなところだってありますよね。そんな自分も、普段と変わらない自分として迎え入れてくれるんです。そのおかげで、働いていてネガティブな感情を抱くことがなくなりましたし、毎日を幸せに過ごせるようになりました。

マーケティングで、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を

私はマーケティングで、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」に貢献したいと思っています。
マーケティングというのは、プロダクトをより良くし、お客さんと真正面から向き合い、売上にも責任を持つ重要な自事です。自分の業務が経営に直結するので、プレッシャーも大きいですが、すごくやりがいがあります。それだけ魅力的な自事を、自分が大好きなサービスで実践できることは、私にとってこれ以上ない喜びです。
マーケターとして、もっとたくさんの人にZOZOTOWNを知ってもらい、使っていただくことが私の目標です。ZOZOTOWNで買った服を着て出かけたことで、デートがうまくいったり、一日をハッピーに過ごせたり。そんな思い出に残る出来事につながる、とびきり素敵な自事ができるよう、明日からの毎日も楽しく働く姿勢を持ち続けたいと思っています。

1/1 ページ