AIRJAM2018がZOZOマリンスタジアムにて開催

先日9月9日、ZOZOマリンスタジアムで開催されたAIRJAM2018。

今年は念願のZOZOマリンでの開催ということで、もちろんサポートさせていただきました。何が「念願」なのか?このイベントがZOZOマリンで催されることには特別な意味があります。「すごいわかる!」という方と、「なんだそのイベントは?」という方がいらっしゃると思うので、簡単にご説明を。

 

弊社代表の前澤もバンド時代にHi-STANDARDのメンバーとの親交があり、今回AIRJAM2018を是非ZOZOマリンで開催させたいという想いがありました。

そこでHi-STANDARDのメンバーである難波様を千葉市様と、千葉ロッテマリーンズ様にご紹介させていただき今回のAIRJAMが実現しました。ご快諾くださった熊谷市長をはじめとした千葉市様、千葉ロッテマリーンズ様、ありがとうございました!

 

「AIRJAM世代」と言われる、青春時代をAIRJAMと共に過ごしたスタッフも多い当社ですが、当日は多くのスタッフもZOZOマリンで歓喜と興奮に包まれました!もちろん代表の前澤もスタッフ達と共に楽しみました!

青春時代に憧れだったAIRJAMと関われる会社で働けることは、素直に嬉しいことです。

スタッフの年齢層も幅広くなってきており、スタッフの好きなものも当然ひとそれぞれです。今回の様に、これからもより多くのスタッフが「好き」と触れ合える機会を創出していきます。

©AIR JAM 2018 Photo by Yuji Honda

今回、Hi-Standardの難波様より、社名を新たにした当社への応援コメントをいただきました。

©AIR JAM 2018 Photo by Yuji Honda

「ZOZOマリンでAIR JAMをやるの夢です‼」って以前から言ってくれていた前澤君。
千葉ロッテマリーンズの方々や千葉市長の熊谷さんとお会いする機会を作ってくれて、ハイスタのまさに"夢"を叶えてくれたのは紛れもなく前澤君なのです。
仲間で力を合わせれば夢は実現する!そう強く思えたのが今回のAIR JAM2018でした。
更には、キッズブースやスケートランプのサポートもしてくれ、子ども達に沢山の笑顔を作ってくれました。
前澤君を始め、ZOZOの皆さんには感謝しかありません。ユウサクとはバンド活動を通じて繋がりました。
お互いPUNKマインドを忘れず、自由に面白い夢を沢山叶えて行きましょう!!!
これからもヨロシクお願い致します!!!PEACE☆

難波章浩(Hi-STANDARD / NAMBA69)